「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

居酒屋さすらい 1181 - ジャンボ唐揚げと3冷の角ハイボール - 「立ち飲み Hook」(台東区台東)

2017-06-13 16:04:14 | 居酒屋さすらい ◆立ち飲み屋

散歩中に偶然見つけた店。

実は、たいして期待を寄せていなかった。看板がしょぼいし、店名だって冴えない。駅から、やや遠く、辺鄙な場所にある。

けれど、そんな素人予想を、この店は軽く裏切ってくれた。

 

飲みものもつまみも豊富で、何よりも安い。

生ビールが350円。

ハイボールは、ウィスキー、焼酎ともに、僅か200円だ。しかも、カクテル類がわんさとラインナップ。一杯が350円から400円である。

ハイボールの安価さを見て、ビールはだいたい想像がついた。サントリーなのだろうと。案の定、ビールはプレモルなのだが、この値段設定には驚く。一体、どんな仕切りで仕入れているんだ?

 

まずは、「焼酎ハイボール」をいただく。プレーンの酎ハイだ。小ぶりのジョッキになみなみ。小岩の「くら」並みの価格は、もちろん上野界隈では最安だろう。

おすすめメニューは、「ジャンボ唐揚げ」らしい。名店の唐揚げを継承したという、その唐揚げは、ずいぶん自信があるらしい。小が200円。ずいぶん安いじゃないか。中が400円。500円支払えば、食べ放題になるらしい。唐揚げ好きにとっては、耳寄りな話だ。小が2個、中が3個。ボクは、迷うことなく、中を選んだ。

ところが、この「ジャンボ唐揚げ」が驚くほど巨大だった。一個100gはあろうかというほどの大きさ。これが3個。もも肉なら大赤字、むね肉でもトントンではないかというほどの巨大さ。驚くのは、大きさだけでなく、柔らかく、しかもうまい。衣にもしっかり味がついていて、たまらなくうまい。

やっぱ、もも肉だと思う。この柔らかさとジューシーさは。ただ、3個も食べられないよ。家では、8個も9個も食べられる唐揚げだが、「ジャンボ唐揚げ」は2個食べたらアップアップ。

 

居酒屋の唐揚げは、蒲田の「万平」が、最高峰だと思っていた。もしかすると、「Hook」がそれを塗り替えたかもしれない。「万平」の唐揚げは、にんにくが強く、しばらく食べると飽きてしまう。お腹いっぱいになる前に飽きるのだが、「Hook」は、お腹いっぱいまで、突っ走れる。

この「ジャンボ唐揚げ」には、本当に参った。

 

もうひとつ驚いたのが、「究極の角ハイボール」。

氷なしの角ハイは、まさに3冷。つまり、角瓶も炭酸もグラスを全て冷やしたもの。まさに純トロ。氷がないと、純度が高い。これが本当にうまい。


なんだ。この満足感。

なんだ。この立ち飲みバー。

小さくて、パワフル。

またひとつ、上野の立ち飲みが面白くなってきた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« kuma-chang レシピ 「ガパオ... | トップ | 居酒屋さすらい 1182 - 緑提... »

コメントを投稿

居酒屋さすらい ◆立ち飲み屋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL