「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

お風呂さすらい78 「よしかわ天然温泉 ゆあみ」(吉川市保)

2017-06-16 22:05:35 | お風呂放浪記

埼玉県吉川市。

埼玉県民からも、「どこそこ?」と言われる超マイナーな市。

鯰が有名らしい。駅前に鯰の像。

H常が言うには、かつてその鯰の像が盗まれたという。一体、誰が。

 

さて、この日もまた、吉川に来てしまった。一風呂浴びて、居酒屋「やっちゃば」でうまい酒を飲む。何も、吉川まで行かなくてもと思うのだが、仕方ない。

風呂と酒のセットがたまらんのだ。

だって、天然温泉だよ。多分、地下深く掘ってるんだと思うけど、お湯が若干茶褐色。加温もしてるんだけど、それでも温泉は温泉。

ひなびたスーパー銭湯みたいな雰囲気が、なんとも吉川らしい。いや、そうでなければ、気安く来ないよ。田舎っぽさがいいんだもん。

フロントの前にある、土産物コーナーは、充分観光地感を出している。だって、埼玉の県南にあるのに、ヨーグルトが名産て、どんだけ田舎やん。

 

でもね。やっぱ田舎のほうがいいよ。

露天に出ると、やっぱ風が違う。東京の風とは明らかに。景色は、スーパーのライフの看板しか見えないけど、微かに吹いてくる風に、心は癒される。これがさ、ラ・クーアだったら、そうはいかないだろうね。


あと、ボクが好きなのは、何種類もの生薬が入った浴槽。どどめ色の不思議な色をした湯は、かなり濃くて、浸かっただけで、体の中に生薬が浸透しそうな勢い。匂いも強烈で、苦手な人が一度入ったら、むせてしまうんじゃないかな。いや、むせるだけなら、まだしも、5分も入れば、股間がヒリヒリしだして、しまいにはポコチンの先が痛くなったりして。これ、生薬で滋養にいいんじゃなくて、ポコチンがヒリヒリするから、鍛えられるんじゃないかしら。

でも、これきっと癖になると思う。

あぶくが出てきそうな、昔のアニメに出てくる血の池地獄を思わる風呂なんだよなぁ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【今朝の味噌汁】 20170612-2... | トップ | 居酒屋さすらい 1183 - 200本... »

コメントを投稿

お風呂放浪記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL