「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

居酒屋さすらい 1198 - 実は御徒町界隈の一大勢力 - 「串八珍 末広町店」(千代田区外神田)

2017-07-23 17:21:20 | 居酒屋さすらい ◆東京都内

以前、居酒屋「駒忠」について、地味なチェーンと書いた。けれど、「串八珍」は、もっと地味なチェーンかもしれない。両店とも、路地裏に店を構えるのが、この「串八珍 末広町店」は、かなり地味な場所にある。ともすれば、見つけられないかも。

末広町の交差点の湯島側のブロック。中央通りから一本目の路地。目立たない。

多分、飛び込みの一見て、あまりいないのでは。

だが、地味ながらも御徒町界隈には3つの店舗を展開する。松坂屋の近くの店舗。新御徒町駅近くの店舗、そしてこの末広町の店舗。狭いエリアで3店舗もの店がひしめくのは、一大勢力かも。本当は、もしかすると、まだまだ店舗はあるかもしれない。地味すぎて見つけられないだけで。

 

今回は、会社の飲み会で、この店を訪れた。

社内の陣容がだいぶ変わった。小欄でも度々登場し、吉川の「やっちゃば」を紹介してくれたH常が退職し、新たにT見Ⅱが入社した。その歓迎会を含めた集いである。

誰が予約をしたのか、この「串八珍」。例えば、ボクなら、ここを予約しない。それほど、リーズナブルでもないからだ。鶏の素材は悪くないのだろう。けれども、満足度は決して高くない。

 

かつて、松坂屋近くの店舗に2回ほど行ったが、お腹いっぱいにならないのだ。ただ、串焼きに添えられたコチュジャンのような味噌がうまい。これは評価したい。

そして、もう一つが、滋養にいいという、変わり種の酎ハイ、「ラーク」。これは他店にない工夫である。串焼きに隠れて、一品ものの影が薄い。食べたいというものがあまりないのだ。

「駒忠」は大衆酒場臭く、食指が伸びるメニューが目につく。また、先日小欄で紹介した「やきとりセンター」も、「チョモランマ」という手羽唐の名物を作って、エッジを効かせたメニューを出している。「串八珍」には、それがない。だから、地味感が漂うのだ。

 

御徒町周辺に3店舗。御徒町界隈の一大勢力である「串八珍」。それは、大手居酒屋チェーンを凌駕して、「駒忠」、「加賀屋」も上回る。

「串八珍」にもっと光を!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 喫茶さすらい 065 - 「ピヨち... | トップ | kuma-chang レシピ 「じゃが... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL