熊本レポート

文字の裏に事件あり

93歳の頭の下がる会長再選と、後に不安が懸念される問題山積みのJA熊本県果実連合会  第2回

2017-07-12 | ブログ

 既報の通り元参議院議員で、農林水産政務次官まで務めた三浦一水JA鹿本組合長(JA熊本県果実連理事・63歳)が6月23日、同組合長選挙で敗れて辞職。
「JA熊本県果実連合会の会長選挙(10月)を前に、またしても候補者の芽が摘まれた」
 表現は悪いが、次期会長候補と目されていた三浦氏が「モグラ叩き」に遇った、という見解。
 前回の同会長選挙でも会長候補と見られていた高峰博美副会長が、地元のJAあしきたで、セクハラ問題で辞職したはずの前同常務理事がクーデターを起こし、そこで高峰組合長を引き釣り降ろし、同氏は副会長職を辞職し、会長候補の資格を失った。
 そこで、「三浦理事(JA熊本県果実連)も連合会長選挙絡みで潰された(JA鹿本組合長再選)」と、そうした見解が飛び出たのである。
 その是々非々はともかくJA熊本県には「農協長も政治家」と、そうした自覚が日頃から求められるという印象にある。ポスト維持、昇格には合従連衡が存在し、それに向けて根回しという政治力学が求められる。その能力に長けた者がトップを得るというシステムだが、そこに札束が飛び交うのは公然の秘密。厳しい経営を強いられる農家にとっては、実に腹立たしい、納得の難しい組織の権益争いだが、これも皮肉なことながら彼らお任せ農家の責任。
 厳しい果樹農家の経営状況にあって、その商品化、販売の上部組織(JA熊本県果実連)が「好調な業績」を続けていることは確か。
 それだけに彼ら果樹農家の知らない情報が、JA熊本県果実連には風評を含めて今まで色々と噴出。
 前回の会長選挙前、「ホテルニューオータニ東京事件」、「猥褻」と刑事事件相当の情報から「公式行事における失禁話」、そして「結婚前の女性職員に対する東京転勤辞令」とコンプライアンス問題まで発展しそうな情報までも流出。
 また遠く離れた白州工場(山梨県北杜市)では、JA山梨関係者に同工場施設の導入に際しての疑惑が浮上し、現地農家を苦しめる環境問題までも出ている。そしてヤクルトの株主権、工場の同社委託問題でも全国紙が取材に走った。それに現在、熊本本部ビル、同工場の改築もJA熊本県果実連は会長選挙後に実施を計画。これらを農産物自由化の波を前に農産物価格の下降、後継者不足で苦闘中の果樹農家が、果たしてどれだけ実情を把握しているか、それは極めて疑問。
 今回の背景を繰り返して語るまでもなく、浦田会長に「震災後のこの困難な時期に任せられるのは(浦田)会長以外にはない、と組合員から拝み倒されては、断る理由はない」という強い意志がある以上、10月の同会長選挙は浦田会長の続投が濃厚、いや決定と想定。
 だが一方、卒寿を過ぎた93歳の浦田氏を白寿まで酷使するというJA熊本県果実連合、果樹農家も実に問題。
「思いやりに欠けた熊本県果実農業連合会」(経済団体役員談)
 こうした見解は当然で、「今まで通り週に三日、朝10時出勤で昼過ぎには帰宅の相談役で結構ですから、後は我々にお任せしてください」との言葉が、JA熊本県果実連関係者には皆無というのは実に嘆かわしい現状。
 それは、そのまま不安な同連合会の明日を懸念させるもので、先の情報等を考えると決して放置の出来ない問題。
 最大の問題は、真実を知らなさ過ぎるという果樹農家。組織にはその透明性が求められるが、先に紹介した情報を噂の検証を含めて、それを果樹農家へ公開することが責務と考えられる。これが、不安なポスト浦田(会長)の解決への糸口になると思われるのだが・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 廃業補償、随契での緑化整備... | トップ | 拝啓  くまモン県様  代... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。