感謝と祈りといやし

熊本アンテオケ教会の神様の栄光の表れを神様に栄光を帰しながら書いていきます

行きたい!

2017年01月21日 | 感謝
早いもので、もう1月も半ばになりました。


3月になったら、感謝と賛美とリバイバルキャンプがあります。

ぜひ行きたいと思っています!

神様に期待しつつ、祈って行きたいと思います^^

kyoko

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

助け手

2017年01月21日 | 祈り
私は、夫が牧師になった時から、助け手に、なれるように祈っていました。
助け手以上にも、以下にもならないようにと
祈っていました。
果たしてどうだったでしょう…>_<…

今回、夫が病気になって、神様から無理矢理
助け手にされた気がします。

これから、神様に良き助け手として何をしたらいいのですか?

と聞きながら成長して行きたいものです。



イスラエル出西
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

痛みが消えた

2017年01月20日 | いやし
ちょうど、熊本カリスマ聖会の前日の

夜勤の時でした。

みぞおちか、鎖骨の下の辺りに、ものすごい痛みが突然おこりました。

痛みによる苦しさによってなのか、

病気的なものだったのかわかりませんが

息苦しさもあり、痛みが続くなら耐えられないと感じました。

その中で、必死に神様に求めたり悔い改めをしたり、感謝をして

しばらく経ったところで、痛みは消えていきました。

しかし、どうも胸につかえているような感覚が残っていたので


熊本カリスマ聖会の最後に、パウロ牧師に祈っていただいたところ

それからは全く痛みがおきていません。

神様がいやしてくださった事を感謝します^^

kyoko

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イエス様って優しいなあ

2017年01月20日 | 恵み

 主の十字架クリスチャンセンター教会に来る前、単立の福音派教会に半年ほど通っていました。いきなりふらっとやって来た私に、皆さんとても良くして下さり、いろんな聖書のお話や、証しを聞かせてくださいました。今でも良い思い出ばかりです。

 「hiromiさんは自分の聖書は持ってるの?」と聞かれ、そこで、初めて旧新約聖書(口語訳)を購入しました。

 主の十字架クリスチャンセンターでは新改訳聖書を使っていたので、転会時に聖書をそれに買い替えました。そして以前の聖書は紙カバーがついた新品のまま、本棚に置かれること15年。熊本地震で本棚が倒れ、本を整理中に「この聖書、置きっぱなしでもったいないな」と感じ、一言祈りました。「これが必要な人の手に渡りますように」。

 その後、某クリスチャン書店に行き、お店の方とたわいない世間話をしていると・・・、一人の男子高校生が、熱心に本棚をチェックしています。こんな若い男の子がいるなんて珍しい、近くのミッション系高校の生徒かな?と、声をかけてみました。彼はとても人懐っこい男の子で、あれこれ話してくれました。「僕は、将来牧師になりたいです、なれたらいいなと思っています。成績は大してよくなかったけど、頑張って勉強してミッション系の高校にも入りました。家族は全員ノンクリスチャンです。僕だけが教会の日曜礼拝に行ってます」。

 「そうなんだ~、目的があるって素晴らしい。きっと絶対なれるよ、牧師に。ところで何か探してたの?熱心に本棚眺めてたけど」

 「僕、まだ旧新約聖書持ってないんですよ。高校生には値段高くて買えないから。何年かして高校卒業したら、お祝いに誰かプレゼントしてくれないかな?な~んて思ってるんですけど」。

 「何年も待つ必要ないよ。私、未使用の聖書持ってるから、少し古いけど君にあげようか?」「え、それマジですかぁ、本当に」。

 聖書の譲渡先を探してて、神様に一言祈ったら君に出会った。、神様はあなたを祝福したいと思われたんじゃない?と、ちょっとした証しをして、彼に聖書をあげました。それを聞いてた店の方「神様は必要を備えられるんだね~。」

 せっかくなので群れの賛美グループ“Gifts”のCDもおまけに付けました。それも有益とされますように。

 神様に感謝します。 hiromi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風邪も益に

2017年01月19日 | 日記

 風邪をひいて1週間たちます。風邪はかなり良くなりましたが、咳がひどくて外出を控えています。時間はたくさんあるし、せっかくだからと、このブログに連日証しを書かせていただきました。いざ書き始めると、いろんなことを思い出して・・・、神様への感謝が湧いてきます

 そして最近、証しが少ないな~。という事にふと気づきました。そういえば、ここ最近のお祈りは、感謝系のそれは全然・・・でした。風邪のおかげで、休養しながらあれこれ振り返ることができ、神様に感謝します。hiromi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祈り求めて答えられた

2017年01月18日 | 祈りの答え

 日曜日の夜は、いつも東京アンテオケ教会の〈オンライン礼拝〉に参加しています。

 その中での、パウロ秋元牧師の証しです「私は、海外宣教に行く際はいつも格安の航空券です。ある時から神様に「ファーストクラスに乗れるように祈りなさい。」と促されました。確かにファーストだといいな、と思って祈りました。」

 「するとチケットがアップグレードされて、ファーストクラスに乗れました。それが現時点で16回です。キャビンアテンダントが「チケット見せてください」(訳:あなたはエコノミーですよね?間違えてここに来たんでしょ?失礼ながらファーストクラスのお客様に見えません)。と言ってきても、大威張りで、『どうぞ、ファーストですよ』と答えます。神様は私達に最善を与えようとされます、だって私達を愛されているんですから。信仰を用いて祈りましょう。皆さんも是非、やってみるといいですよ

 実際それをまねて、結果、「ホテルの部屋がアップグレードされてスイートになった」とか、「自分もファーストクラスにアップグレードされた。ハレルヤ」という、他の方の証しをちょこちょこ見聞きするようになりました。それを聞きながら、思ったこと。「私は海外に行かないから、ファーストクラスは別に興味ないな。でも、うらやましいなあ。私も挑戦してみようかな」。その日からちょこちょこ祈ってみました。「私はすごく北海道に行きたいです。生まれて一度も行った事がありません。行けるようにして下さい。」

 1~2か月後、旅行関係の仕事をしている知人が、家に遊びに来ました。いつも、仕事の面白い話を聞かせてくれるのですが、その日は少し違いました。「仕事上の必要があって、航空券をまとめ買いしていたんだけどさ~。状況が変わって、券が余りそうなんだ。安くしとくから買わないか?。北海道行きの航空券なんだけど」。格安航空会社ではなく、普通の航空会社の正規の往復航空券が、バーゲンどころではない格安価格でした

 皆さんも是非やってみて下さい、本当にビックリしました神は生きておられます Praise the LORD

hiromi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伯母が救われました

2017年01月16日 | 

去年の9月の出来事です。

私にはアルツハイマーの伯母(80代)がいます。やもめで、子どもと関わりが薄く、以前から実の妹である私の母がなんやかやと対応していました。今は施設に入っています。 

 アルツハイマーの兆候が現れた頃から、私は伯母の救いの為に祈り始めました。ある日、聖書を読んでいたところ、強く印象に残る御言葉があり、脳裏から離れなくなりました。

 「この女はアブラハムの娘なのです。」(ルカ13:16)

 「きょう、救いがこの家に来ました。(中略)人の子は失われた者を捜して救うために来たのです」(ルカ19:9)。

 もしかして、これは神様から祈りの答えが来たのかも、と思った私は

 「伯母を『アブラハムの娘』と言って下さり感謝します。伯母が救われると、あなたが本当に約束して下さったのなら、絶対そうなる事を信じます。本当に嬉しいです、心から感謝します」と、その日から“受けたと信じる”祈りに変更しました。

 正直言って最初は「そんな都合よくいくかな~」と思っていました。しかし祈りを続ける中で「どんな形で事が起きるんだろう?」と、神に期待する心持ちに変わっていくのがわかりました。

 見舞いに行ったある日、伯母がぼやき始めました。「私なんか早く死んだ方がいい。毎日つまらないし、どうすれば死ねるかな」。

 そのぼやきを聞いた瞬間、「こう言いなさい。」と、背中を押される感じがした私は、思い切って言いました。

 「死ぬ前にイエス様を信じない?つまらない日々が変るよ死んだら天国にも間違いなく行けるよ」。

 今迄は、いつも知らんぷりだった伯母がボソッと「・・・信じない事も、ないかな」。 驚きました

 ごく簡単に福音を語り、私の後について一緒に祈って・・・と、あっさり救われてしまいました。感動しました。主をあがめます

hiromi

※2015年12月25日付の当ブログでも「あいごすぺるの思い出」という題で伯母の証しを書きました。本当に、神は愛です。栄光在主。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「沈黙 -Silence-」

2017年01月15日 | 日記

ここ熊本でも今月の21日に封切られます。見に行く気満々です。

10年以上前に長崎で、原作をざっと読みました。

 小説の主要人物であるキチジローの「信仰が強い者は殉教していく、しかし信仰の弱い者はどうすればいいんじゃ」という考え方が強く印象に残り、深く考えさせられた記憶があります・・・というより正直に言って、怖くて仕方ありませんでした。その問いかけに、どう答えていいかわからなくて。

 しかし現在、教会に行き続ける中で、聖書の話をたくさん聞き、たくさんの証しを聞いて、自分も体験し・・・今の考え方は自然とこう変化しました。

「そうですね、ごもっともです。あなたの懸念に神が答えを下さるよう、一緒に祈りませんか?絶対、答えて下さいますから」

神に感謝します。栄光在主

hiromi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神様に期待

2017年01月12日 | 信仰
内の会社にMさんという私が前にいた、会社から来られた方がいます。
今日はその方にビーズを教えて上げました。
昼休みに教会の話しになって、そのMさんがクリスチャンであることがわかりました。
その方の行かれている教会は福音派のようでしたが, 何か神様の導き感じました。
今度の聖会にはギフツも来るので, お誘いしようかと思います。神様に期待します。

Watanabe

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見分け

2017年01月11日 | 癒し
年末に、また、腰が痛くなりました。

掃除が出来ないと思いましたが、

ある事を思いだし

年末年始に働く霊を切りました。

すると、痛みが完全に取れました



イスラエル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加