くまきち日記

名古屋に住んでいる、くまきちのたわごと。

イル君 『ハイキック』から10年、出演者たちの今は?

2017-07-15 02:16:30 | チョン・イル
















『思いっきりハイキック』放送終了10周年、スンジェ家の近況


『思いっきりハイキック』が放送終了10周年を迎えた。10年が過ぎた後 イ・スンジェ家の人たちはどうしているだろうか。
最近 いま一度 体を動かしているイ・スンジェ一家の近況をのぞいてみる。

イ・スンジェ(イ・スンジェ)が「アダルト動画」を叫び、ナ・ムニ(ナ・ムニ)が「かぼちゃサツマイモ」を叫んだ場所。
頑固な面があるが それでも優しいイ・ジュナ(チョン・ジュナ)と 姑ナ・ムニにはっきり口答えしながらも「OK」と言った豪胆なパク・ヘミ(パク・ヘミ)が一緒にいた場所。
イ・ミノ(キム・ヘソン)とイ・ユノ(チョン・イル)の夢が育った場所。まさに『思いっきりハイキック』のイ・スンジェ宅だった。

2007年7月13日に放送終了した『思いっきりハイキック』は 放送終了してから10周年になった。高校生だったミノとユノは一気に成長してスターになり、
「イ先生!」と叫んだソ先生(ソ・ミンジョン)は母になった。国民的な愛を受けたシットコム『思いっきりハイキック』出演者の中で目立つ変化を迎えたスターたちを調べてみた。


▲前会社員→バラエティの大物になったチョン・ジュナ
2007年『思いっきりハイキック』を終えた時だけでもチョン・ジュナは妻パク・ヘミにいびられる無能な‘頑固者’夫だった。
だがチョン・ジュナは2006年から初放送されたMBC『無限に挑戦』のメンバーになり勢いに乗った。
『思いっきりハイキック』が代表作だったチョン・ジュナは『無限に挑戦』を新たな代表作にし、今は体が10あっても足りないほどホットなコメディアンとして生まれ変わった。


▲こんなに大きくなるとは思わなかった? チョン・イル、パク・ミニョン、チャンソン
イ・ユノ役のチョン・イルとカン・ユミ役のパク・ミニョン、チャンソン役のチャンソンは『思いっきりハイキック』で地上波にデビューした。
彼らはデビュー後 韓流スタートしての歩みを見せた。チョン・イルはドラマ『太陽を抱く月』で大いに愛された後 中国ドラマを撮影するほど海外ファンから愛されており、
パク・ミニョンもまた『成均館スキャンダル』等を通じて演技力を認められ着実に作品活動をしている。チャンソンは2PMとしてK-POPの中心になった。


▲10年の空白を経て解凍人間になったチェ・ミニョン&ソ・ミンジョン
イ・ミニョン役のチェ・ミニョンとソ先生役のソ・ミンジョンは『思いっきりハイキック』を最後に約10年間ブラウン管を離れ、最近MBC『覆面歌王』で復帰するなど
似た歩みを見せて目を引く。山の生活をしたりもしたチェ・ミニョンは現在 遅咲きの芸能人として活発に活動をはじめており、
ソ・ミンジョンは『覆面歌王』以後、チョン・ジュナ、パク・ヘミと共にMBC『ラジオスター』にも出演予定で 多いに期待をかきたてている。


▲‘シーンスティラー’クララとナ・ヘミの反転近況
『思いっきりハイキック』のシーンスティラーといえばクララとナ・ヘミが挙げられるだろう。クララはイ・ユノと付き合って別れたキム・ユンジュ役で登場した。
彼女は以後バービー人形のようなスタイルと容貌で国内だけでなく中国でも大いに愛された。
‘転校ビリ’ナ・ヘミは最近 SHINWHAのエリックと結婚して話題を集めたりもした。


▲あいかわらず健在なアダルト動画スンジェ&かぼちゃサツマイモ ナ・ムニ
‘アダルト動画スンジェ’イ・スンジェと彼の妻ナ・ムニはあいかわらず活発な活動を見せている。
イ・スンジェとナ・ムニは『ディア・マイ・フレンズ』『そうだ、そうしたの』などのドラマに出演して素晴らしい演技を見せている。
特にイ・スンジェはMnet『アイドル学校』の校長として出演するなどバラエティ活動も活発に行っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒョシンくん 『ユ・ヒヨル... | トップ | ヒョシンくん 『ユ・ヒヨル... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。