くまきち日記

名古屋に住んでいる、くまきちのたわごと。

ヒョシンくん コンサート盛況裡に終了

2016-10-18 01:22:30 | パク・ヒョシン










360度のステージ ぎゅっと満たしたパク・ヒョシンのコンサート、
6万5000名の歓呼の中で盛況!

360度の円形ステージ、ファンと疎通して共に作り出した公演! やはり‘間違いないパク・ヒョシンのコンサート’


自他共に認めるライブの神、アーティスト パク・ヒョシンが単独コンサートで計6万5000名あまりの観客を熱狂させて 公演の歴史に新たな神話を作り出した。

パク・ヒョシンは8日(土)から ソウル・蚕室室内体育館で開かれた単独コンサート〈I am A Dreamer〉を盛況裡に終えた。

今回のパク・ヒョシンのコンサートは 開始前から彼を長い間待ち望んだ歌謡ファンの爆発的な関心と熱気の中で連日新しい記録を打ち立てていった。
パク・ヒョシンが約2年ぶりにステージに上がった単独コンサートで チケットオープンわずか12分で全席完売を記録し トップクラスのアイドルに劣らない人気を実感させた。
その上コンサートが進む中、会場で共にすることができない全国のファンのために準備したCGVコンサート生中継チケットも やはり前売オープン後わずか5分で
11の上映館の全席が瞬時に完売という初めての事態を引き起こしたりもした。

公演初日、客席をいっぱいに埋めた観客の歓呼の中でついにベールを脱いだ今回の〈I am A Dreamer〉コンサートは 会場のステージ構成から演出、
公演ストーリーまでパク・ヒョシンのすべての魅力を入れた完璧な公演だった。

国内でなかなか見るのが難しい360度の円形ステージで行われた今回の単独コンサートステージは 蚕室室内体育館の音響装備の4倍規模で構成され
すべての座席で良質の公演を楽しむことができた。ステージ中央を取り囲む円形スクリーンと特別に作られた映像、天井の大型電光板と全客席をとりまく音響システムは 
パク・ヒョシンのコンサートをよりいっそう完璧にした。ここに曲別に合わせたデジタル照明演出と全観客に贈呈されたLED腕輪を通じた感覚的な会場演出が加わって、
聴く楽しみはもちろん視覚的な楽しみまで2倍の感動の中で全観客が一つになる壮観を演出した。
 
パク・ヒョシンは今回の〈I am A Dreamer〉コンサートで7集正規アルバムのタイトル曲“Home”を皮切りに“The Dreamer”“Shine Your Light”
“Beautiful Tomorrow”“息”“I’m Your Friend”など正規7集の収録曲のうち パク・ヒョシンのヴォーカルが際立つステージと 
“It’s Gonna Be Rolling”“Gift”“HAPPY TOGETHER”“The Catsle Of Zoltar”“Only U”などファンと合唱して作るパク・ヒョシンの専売特許ステージを魅せた。
特にすべての観客がひとつになって“Home”のコーラスと“HAPPY TOGETHER”全曲を情熱的に合唱する姿にパク・ヒョシンの顔からは笑顔が絶えなかった。

今回パク・ヒョシンの〈I am A Dreamer〉コンサートはファンの壮観な合唱が会場だけでなく 同時に全国でもなされたという点で異例的だ。
15日の公演はソウル、釜山、仁川、大田、大邱、光州など全国11都市のCGVで生中継され、これは国内最大規模のコンサート生中継だと知らされた。
CGVでコンサートを共にしたファンは スクリーンを通じて公演を楽しみ 合唱はもちろんLED腕輪の応援まで伴ってコンサート会場の雰囲気をそのまま感じられた。

今回のコンサートはすべてパク・ヒョシンが最初から最後まで引っぱっていく公演だった。蚕室室内体育館1階を横切った360度の円形ステージを休みなく縦横無尽に 
会場をいっぱいにした観客とより近くで会うために駆け回り 隙間なくぎっしり満ちたステージを披露した。

コンサートでパク・ヒョシンはファンと疎通する姿で注目を集めた。〈I am A Dreamer〉というコンサートタイトルにふさわしく、会場を訪れた10代から40代までの
多様な年齢層のファンに直接近づいてインタビューしながら夢を訊ねて 心のこもった応援と勇気のメッセージを伝えてファンの歓呼を受けたりもした。

パク・ヒョシンは公演後半に7集正規アルバム‘I am A Dreamer’を共同プロデュースしたミュージシャン チョン・ジェイルとのトークで 
7集アルバムの制作過程についての率直な話とキューバで撮影した‘Block MV’のビハインドストーリーを話し出したりもした。

パク・ヒョシンは公演中「たくさんの方が私の歌を聴いて慰められたという手紙をたくさんもらった」とし「今回のアルバムとコンサートを通じて
心がつらい方々に夢を与えて慰めたかった」と7集アルバムとコンサートについての所感を明かしたりもした。

グローブ・エンターテインメントは「より多くのファンと より近い場所で公演を共にしたいパク・ヒョシンの意見とアイデアがたくさん反映された公演だった」とし
「これからもファンとさらに近くで疎通できるステージと公演で再びやって来る」と明らかにした。

一方 2016 LIVE〈I am A Dreamer〉を盛況裡に終えたパク・ヒョシンは 7集活動を続けていく予定で、次の公演もまた企画中だ。



The Castle of Zoltar  コンサートのたびにおとなしめのアレンジにしているような気がする。盛り上がるので好きなんだが、飛び跳ねながらだと歌いづらいんだろうか?



HAPPY TOGETHER  



  歌の前にチョン・ジェイルと仲良さそうに話す姿がかわいい。



トーク+야생화



メドレー+Home~エンディング
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒョシンくん 昔のCD ど... | トップ | ヒョシンくん コンサートを... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良い記事ですね! (みゅーず)
2016-10-18 10:22:27
記事を読むだけで会場の様子がわかります
韓国でのコンサートに足を運んでみたいです。
注文していた7集、先日届いて聴いています^^

また、日本にも来てくれないでしょうか・・。
東京のコンサート、あの感動が忘れられません。
Unknown (tamino)
2016-10-18 22:04:25
ヒョシン君のコンサート すごいの一言

みゅーずさんのコメントの東京のコンサートを拝見して 当時をおもいだしています。
(コンサートに行ったわけじゃないけど)

GOLDのCD なつかしいです。
2枚のCDの写真での比較 面白かったです。
みゅーずさん、こんばんは^^ (jully(くまきち))
2016-10-18 22:35:00
やっぱりヒョシンくんの歌はライブで聴きたいですよね。
日本でまた見られたらいいですね。

私も7集聴いてます。聴きこむほどに良さがわかる感じです。
仕事中でも頭の中で歌が流れて、楽しく仕事しています^^

taminoさん、こんばんは^^ (jully(くまきち))
2016-10-18 22:40:55
今回は初の円形ステージ、しかも5日間というロングランでしたが、
チケットが取れずに行けなくて残念でした。

昔のCD、2枚の違いはわかりませんが、
どっちかが初版ってことなんでしょうか・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。