くまきち日記

名古屋に住んでいる、くまきちのたわごと。

ヒョシンくん 『ファントム』の評価①

2016-12-07 22:50:50 | パク・ヒョシン












[帰ってきたファントム①]仮面を付けた理由、その凄絶な人生


オペラ座の怪人が再び舞台に上がった。ミュージカル『ファントム』が昨年に続き今年も観客を訪ねる。

先月26日 ソウル漢南洞ブルースクエア・サムソン電子ホールで開幕した『ファントム』は 開幕初の週末、全席完売を記録して人気と関心を立証した。
毎回 観客のスタンディングオベーションを引き出して華麗に帰還した。

『ファントム』はガストン・ルルーの推理小説『オペラ座の怪人』を原作とする。これをトニー賞で最優秀作品賞を受賞した劇作家アーサー・コピットと
作曲家モーリー・イエストンが舞台化した。国内では昨年初演されて話題を集めた。

醜い顔を隠してオペラ座の地下に隠れ住むファントムと オペラの歌姫として繰り返すクリスティーンの切ないながらも凄絶なロマンスは 観客の心を打つのに十分だ。

今回は光の代わりに闇を選んだファントムの人生に集中し 彼と絡み合う周辺の人たちの葛藤と苦悩も逃さなかった。
現在のファントムに対する理解と共感を深めるため 彼の誕生秘話と子供時代、さらに内面の物語を集中して扱った。

何より昨年に続いて再びファントム役を演じたパク・ヒョシンは 前よりいっそう深くなった感性で人物の人生をよく表現した。
ここにクリスティーンに扮したイ・ジヘもやはり清らかながらも力のある声で役の魅力を鮮明にした。

舞台と照明、音楽も卓越している。キム・ムンジョン音楽監督の手ですべてのナンバーが奥深いながらも美しく、凄絶ながらもあたたかく完成した。

ただ、ファントムの過去に集中してみると 細かすぎる説明になり 場面と場面の転換が早かった。観客に委ねる時に光を放つ想像と余韻を失った点が惜しい。

『ファントム』は2017年2月26日まで ブルースクエア・サムソン電子ホールで公演される。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒョシンくん ミュージカル... | トップ | ヒョシンくん 『ファントム... »

コメントを投稿

パク・ヒョシン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。