くまきち日記

名古屋に住んでいる、くまきちのたわごと。

VIXX デビュー5周年を迎えて(インタビュー)

2017-06-14 01:32:03 | 韓国エンタメ










デビュー5周年 VIXX‘当たり前のことを 当たり前に守りたい’


VIXXが先月デビュー5周年を迎えた。5回目の誕生日を迎えたVIXXはファンと共に5周年を祝う大規模イベントを開いた。
アルバム‘桃源郷’を発表し同名のタイトル曲で活発な活動を繰り広げて、コンサートとこれまでの歩みをまとめた展示会を開催した。
最近ソウル某所で‘桃源郷’の活動を終えたVIXXに会い グループとして5周年を迎えた所感をたずねた。


Q.先日デビュー5周年を迎えた所感が気になります

Ravi:「僕らがデビューした年に本当に多くのグループがデビューしました。その中で5周年を迎えられるグループが多くないのが残念ですが 有り難いことだと思います。
記念日を迎えることが過ぎた時間を振り返ることじゃないですか。5年という時間のあいだ どんなことがあったのか振り返り その過程で感じたことも多いです。
メンバー同士もそうだし ファンたちとも もっと関係が強くなったと思いました。5周年を記念して意味を与えること自体が力になり感謝することですね」

Q.グループの音楽的中心をRaviが担っていますが これまで最も多く苦労したメンバーではないですか?

Ravi:「僕が音楽的中心を担っているわけじゃないです(笑)」

エン:「レオとRaviが音楽的にたくさんの作業をしています。歌が出た時に会社のA&Rチームと最も多く疎通したりもしてますね」

Ravi:「僕らが5年という間 ただ音楽だけで動かないから余計に難しかったと思います。新曲が出る前‘今回は何?’と映画みたいに
僕らのコンセプトを期待される方もいます。このように期待されることに感謝しながらも宿題のように難しいです。5年間ほんとうにたくさんの活動をしました。
みずからを振り返った時 残念な点がありますが、よくやってきたと思います。僕らだけでなくたくさんの方が一緒に苦労して下さったおかげです」

エン:「今回‘桃源郷’の活動を始めて‘VIXXだからこんなことができる’という話をたくさん聞いて本当に気分が良かったです。
もうVIXXならコンセプトをきちんと消化するという信用が生まれたのではないでしょうか。東洋風のコンセプトで出た時 心配より期待を先に受けたということで満たされました」

Q.‘桃源郷’で末っ子ヒョギの参加が増えました。表現の幅も広がったと思います

ヒョギ:「デビュー初期から僕を応援して好いてくれる方が 僕をして自負心を持つのが良かったです。僕もまたこういう期待を満たすことに
興味を持ったというべきでしょうか。アルバムを出すたびに コツコツと会社側と相談しながら音楽的な部分をもっと見せたいと話しましたね。
今回のアルバムを準備して熱心に練習しました。それと共に作曲家の方たちがチャンスを下さって助けて下さった結果でしょう」

エン:「最近ヒョギが練習室に遅くまで残って地道に練習するのを見ました。僕は今までヒョギが夜 美味しいものを食べに行くんだろうと思ってました(笑)
でも練習室でコツコツ練習していたんです」

Q.この5年間見せてきたコンセプトの中で最も気に入ったのは何ですか

エン:「僕は 僕らのコンセプトが本格的に始まった“傷つく準備はできている”が記憶に残っています。この歌とコンセプトが今出るならどんな風だろうと
思ったりもしますね。こう考えること自体が それだけ記憶に残るという意味でしょう。そのアルバムを通じてVIXXのカラーが軌道に乗ったと思います。ありがたい歌ですね」

ケン:「僕も“傷つく準備ができている”を挙げたいです」

エン:「僕らを初めて1位にしてくれた“呪いの人形”も外せません。それぞれアルバムごとの想い出があります。ひとつずつ記憶に残るポイントがあるんです」

Q.VIXXにとってデビュー曲“SUPER HERO”はどんな意味がありますか?

エン:「何かがこみ上げたりもする特別な曲です。この歌が流れると恥ずかしいですね。何も知らなかった僕らの姿が思い出されます。
今は僕らの意見をたくさん出しますが、当時はパフォーマンスや衣装に僕らの声を出したり方向性を提示するのが難しかったんです」

Ravi:「後になるほどコンテンツに恥ずかしさや物足りなさが残ってこそ いま僕らが十分にやれているんだと思います。
以前は活動に物足りなさが残るというのは いま僕らがそれだけ良くやれるということでしょう。“傷つく準備ができている”も良い曲と素晴らしいコンセプトでしたが 
今はもっとうまくできます。いま見るのがキツい場面もあります(笑)いま見るには意気込みだけがあふれている感じがするんです。
こういうことだけ見ると いま良くやっていると思います。以前のコンセプトを見るのは卒業写真を見るのと同じような気分です」

エン:「コンサートの準備をしながら以前の映像を全部集めてみて練習しましたが とても楽しかったです。
当時ほんとうに意気込みがあふれていました。過去の映像を見ながらたくさん成長し 一段階ずつ上がってきたという話をしながらコンサートを準備しました」

Q.VIXXはファンのための歌が多いグループでもあります

エン:「曲を作るRaviとレオが作業する時 まず最初に‘ファン・ソング’を作ります。それでファンのための歌が多いんだと思います。
ファンは当然感謝するしかない存在です。先日VIXXの想い出がある場所を見て回る撮影をしました。ファン10人がいた時代からじわじわ上がってきた写真とかを見ながら
想い出の場所を見て回りましたよ。この人たちがいなかったら今のVIXXがこういうコンセプトをできなかったと思いました。おっしゃるように5周年をこうして華やかで
幸せに過ごすこともできなかったでしょう。ファンは僕らが舞台に立つことができるようにする人たちだし、幸せに過ごせるようにしてくれる人たちです」

Q.‘桃源郷’の活動が終わったら 次のアルバムコンセプトが早くも待たれます

エン:「次のコンセプトはまだ出てないんです。コンセプトというのは本当にいきなり出てきます。話はたくさんします。その中で突然ふっと出るんです。
‘Chained Up’のコンセプトが愛の奴隷でしたが、僕らも自分たちが奴隷のコンセプトをすると思いませんでした。以前出た話を脚色して作り出したんでしょう」

Ravi:「‘扇子ダンスはどう?’と言えば誰か必ず笑います。コンセプトをどう解釈するかという問題です。
ヴァンパイアのコンセプトをする時も‘それができるのか’という疑わしい反応が多かったんです。コンセプトをどんな方法で解いていくかがカギですね」

Q.5周年を迎えたVIXXの目標が気になります

エン:「コツコツとこうしていきたいです。今はメンバー全員が個人活動もしますが、その一方で今のようにVIXXをよく守っていきたいです。
僕はあいかわらず僕らが本当に熱心に練習するのがよいです。‘桃源郷’を準備しながら 僕らは6年目だけど本当に熱心にするという話をして練習しました。
実際それが当たり前でしたが、その当たり前のことを何気なく守っていくVIXXが誇らしいです。今みたいに上手になりたいいう気持ちが大きいです」

Ravi:「僕らが見た時はよく続けてきたし仲間たちもそんな反応のようです。よく続けていくこと自体に意味を探せるようです。
年を重ねるほど僕らが消費される部分が多くなるでしょう。そうすればするほど素敵ではなくステージでエネルギーがあまり感じられないこともありますが、
反対により素晴らしく見えたりもするでしょう。ステージでより素敵な姿を見せられるよう 5年という時間が後押ししてくれたらと思います」

エン:「みんな熱心な今のように、これからも引き続きこうしていきたいです」



도원경/VIXX  これまでになかった東洋的な感じだ。



SUPER HERO/VIXX  デビュー曲。そんなにヒットはしなかったが、ノリがいいので私は好きだったなぁ。



다칠 준비가 돼 있어/VIXX  “傷つく準備ができている” このMVは衝撃的だった。



저주인형/VIXX  “呪いの人形” このMVはもうちょっとエグい映像が入っているバージョンもあり。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒョシンくんいろいろ | トップ | 『ビギン・アゲイン』 ポス... »

コメントを投稿

韓国エンタメ」カテゴリの最新記事