RUNNING BEAR Ⅱ

くまこの日記です。

加藤君。

2017-07-17 11:27:11 | 航平君
昨日のパワーフレーズ、若い加藤君でしたね(^^)。
思い出しました。ロンドン五輪前のN杯。ビジョンに映った加藤君を見て、「あのイケメンは誰!?」っと思ったのを(笑)。
あの頃は、まだ体操選手を全然知らなくて。

来週のパワーフレーズは、こちら

18歳でロンドン五輪の団体銀メダルを獲得した加藤凌平選手。
リオ五輪では更なる活躍が期待されていました。
しかし、その代表を決める選考会。
加藤選手は最終種目を前にボーダーラインに立たされてしまいます。
その時、加藤選手が自分自身の気持ちをポジティブなものに変えたPOWERフレーズを紹介します。


私が、加藤君と言って思い出すのは、キングのこの言葉。




グラスゴーの世界選手権。足のケガで、オリンピックのことを考えると出場すべきか悩んでいた加藤君にかけたこの言葉。

オリンピックの前年の世界選手権に、航平君はすごくこだわっていましたよね。ここで、団体金メダルを獲っておかなくてはいけないと。
植松さんも、グラスゴーの代表権を逃して、引退を決意されました。まだ、五輪出場へのチャンスは残っているのに。
選手の皆さんは、五輪前年の世選の代表になることの意味を、重く見ていたんですよね。きっと。

グラスゴーに、覚悟を決めて出場したことが、五輪選考のあの接戦だったN杯にも大きな力になったと、私は思えるのですが
さて、果たして、パワーフレーズは誰のどんな言葉でしょうねヽ(^。^)ノ。

そして、加藤君と言えば・・・・。

ロンドン五輪の時に、「いつか内村航平を倒す」とホワイトボードに書いてきたのは、いいお話でしたね。




航平君、若い(*^。^*)。

そして、更に胸キュンだったのは、航平君も「加藤凌平には絶対負けねえ!」と書いたというエピソード。
これ、航平君が先に書いたんでしたよね、確か。
ロンドンの時の航平君、若いエースだったなあ~って、また思い出して胸キュンです・・・

で、4年後、、大人になったキングは、念願の団体金メダルを手に入れて、記者会見で、メンバーを誇らしげに紹介します。









白井君は若いので、嬉しさをそのまま出して、航平君を見つめますが、他の3人は、航平君の言葉に思わず顔がほころぶのを、抑えようと必死な感じが、ものすごく微笑ましい(*^。^*)。
加藤君の紹介の時に、「絶対に」を、2回言った航平君が、カッコよかった~(*^。^*)。
「加藤選手は、絶対に失敗しない選手。絶対に。」

ロンドンで、なぜ団体金メダルを逃したか、考えて考えて、航平君は、動き始めました。
団体戦がなかったベルギーも、チーム日本として、それぞれが自分の仕事をして、いい流れを作っていくと言い、トップバッターで、個人総合の金メダルを獲得しました。
0.1で、金メダルを逃した南寧は、悔しさで言葉が出ないチームメイトに、「また一から出直そう!」と声をかけ、念願の金メダルを獲得したグラスゴーも、お互いミスのあった佑典君を思いやり、「もっともっと、佑典と二人で頑張っていきたい」と、インタビューに答えました。
航平君は、直接、あるいは、メディアを通して間接的にチームメイトに常にメッセージを送り続け、チーム内村を作り上げましたよね。
リオ五輪は、技術的にももちろん金メダルが獲れる選手たちだったと想いますが、気持ちの面でも、航平君と共に同じものを見つめてそこに進んでいける、最高のメンバーだったですね。
それは、何度かの合宿とかですぐ作り上げられるものでなく、ロンドンからの4年間で、コツコツと作り上げられたものでした。

さて、東京に向けて、どんなチーム日本が作り上げられていくのでしょう。

今日はフェアリーさんの壮行会がテレ朝のイベントであるんですね。こちら

ってことは、体操もあるの?

急に言われても、すぐに行けないぞお(笑)。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 王者の言葉。 | トップ | サイン入りエプロン。 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ムー)
2017-07-18 00:32:35
この加藤君が教えてくれたキングの言葉。これはもの凄く大きな矢でしたよね(*^_^*)。大きな怪我をして、翌年のオリンピックを考えて、苦悩する加藤君に放たれた強い強いメッセージ。航平くんの世界で戦う本気の覚悟を伝えると同時に、加藤君がどのくらい必要な選手かという想いを沁み込ませた強い言葉でした。
佑典君の苦しい思いを抱え込むように受け止めた「当たり前だ」「待ってるよ。」のあの衝撃的な(^^)powerフレーズとある意味対照的な形の重い言葉です。本当に航平くんは凄い凄いキャプテンです。

米田さんのリオの後のブログ。感動的でしたもんね。「みんなが自分のレベルに追い付くまで待ってたなぁ」とそのキャプテンシーに感心しておられて(*^_^*)。そこをわかってくれる人がいるというだけで、「チーム内村」への航平くんの情熱が報われた気持ちになります。あの夏からもうすぐ一年、ですね(しみじみ。。)

ロンドンで加藤君が、リオで白井君が、航平くんの個人総合を見て「あの舞台で航平くんと戦いたい」と真剣に思ったわけで。現地の応援席から見る世界チャンピオンの個人総合はキラキラ輝く憧れの極致のような存在だったと思われ。体操に対するモチベーションはぐんぐん上がる、そんな大会で。
壮絶な戦いとそこまで追い込み続けた代償で傷ついた王者はそれでも、そんな後輩を頼もしそうに嬉しそうに受け止める...って、どんだけかっこいいんだって、改めて思っちゃうんですよね。

藤井君の活躍は日本中を明るくして、ブームも作り上げて、とってもワクワクするけど、羽生さんには高い高い壁でいてほしいなぁと思います(*^_^*)。絶対王者が大好きだから(笑)。ボルト選手にも勝ち逃げしてほしいと心から思ってます(*^。^*)。



ムーさん♪ (くまこ)
2017-07-19 18:35:28
試合に出るか出ないか、すごく難しい判断ですよね。航平君も、欠場する試合もあったりするし、でも、「棄権という選択肢はない」と言い切る試合もあるし。
決して、加藤君に対してこうした方がいい、ああした方がいい、という言い方ではなく、「自分なら出る。」という言い方。これが、加藤君を吹っ切れさせたんだろうなあ~と思ったりもします。
航平君が、過去に怪我をしながら、戦い抜くところを見てるからこそ、説得力のある言葉になったと思うし。

話す相手によって、語り方を変えるという航平君の素晴らしいリーダシップに、ほんと感動してしまいます。スポーツだけでなく、普段会社にいても、そういうことって勉強になるなあ~って、つくづく思います。

あれから1年ですね~。
暑ーい日があると、(今日も暑かった^^;)、オリンピックを思い出します。ロンドンも、リオも。

Unknown (ムー)
2017-07-20 06:22:59
これ、(以前も言いましたが ^^)絶対横並びで加藤君の顔を見ないで低いテンションで言ってますよね(#^.^#)。そう!「自分ならこうする。」って背中で伝えた覚悟。加藤君のあのN杯のギリギリの戦いにつながった覚悟だと思います。「自分で勝ち取る獲る権利」の重みですね。

そして書き忘れちゃった大事なこと(*^_^*)。航平くんのヘッドフォンを着けた姿って、なんでこんなにかっこいいんでしょ!
リオの記者会見、あれもこれも本当にメチャメチャカッコよかったですよね~。今年の全日のヘッドフォン×チューブキングもかっこよかったし(急に跳ぶ 笑)。話す言葉ももちろん!胸キュン過ぎますが、そこに座ってるだけで、素敵オーラが溢れてます(*^_^*)。





ムーさん♪ (くまこ)
2017-07-20 22:01:24
そうそう(^^♪。
妄想するよね~
ゆかの上に座っての横並びか、あん馬に手をかけながらの横並びか、言い放って、その場を去る、っていうカッコよすぎる行動しか思いつかない(*^。^*)。
最近、テレビに出てくる若い人が、どんな場合にも「~させていただく」という表現を使うことが、ものすごく引っかかっていて。
「出させていただく」「やらせていただく」っていう感じでね。もちろん、そう言わなくてはいけない時もあるんだけど、なんでもその表現をしないと、まるで感謝してないように思われる、という防衛本能のような気がする時もあって、なので、航平君の、「自分で勝ち取った権利」という言葉を聞いたときに、「これだ!」って思ったわけですよ。ストレートに、心に響いたんですよね。これは、もう、「航平語録」に載せて欲しい言葉であります。
そう言い切った方が、逆に重みや、責任を感じますよね。
そういえば、菅田君が、やりたかった声優のお仕事をオーディションで得た時に、「自分で勝ち取った仕事」みたいな言い方をしていた(^^)。余談ですが・・・(*^。^*)。

ヘッドホンは、ロンドンの時も、超絶カッコよかったです(*^-^*)。
リオのヘッドホンも、そうだけど、あの時ね、うん。あの時。
ほんと、ありえないくらいカッコよかったわ~(^^)。
全日の、ヘッドホン、っていうか、イヤホンね。あれ、突然画面に映った時は、倒れそうになりました(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。