クマコーの考える時間

日常の中で感じたことを、自分の言葉で、自由に綴ります。今日より明日が良い日であることを願って。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本と中国の喫煙率について

2017年01月30日 | 考える

中国人観光客が喫煙している姿を何度か目撃したので、中国人の喫煙率を調べてみました。

「グローバルノート」というサイトによりますと
日本人男性の喫煙率は36.3%で世界57位。
中国人男性は49.0%で世界19位。
韓国が意外に多く、51.7%で世界12位という結果でした。

ちなみに1位はインドネシアで71.8%。
70%を越えているのはインドネシアのみでした。
ただしデータは2012年のもの。
受動喫煙を問題視する日本での禁煙率は、いくぶん下がっているものと思われます。

ふと昔の様子を思い浮かべてみました。
昭和40年代、50年代、大人の男たちの大半は喫煙者だった印象があります。
学校の先生も子供の前で堂々と吸っていました。
飛行機も全面禁煙ではなかったし、JR(旧国鉄)のホームにも灰皿がありました。
当時の日本人男性の喫煙率は、インドネシアの71.8%を越えていたかもしれません。

さて、喫煙率を都道府県別に見てみますと、北海道は男女ともに高いです。
まず北海道の女性は17.8%で2位の青森県(14.2%)を大きく引き離しダントツです。
北海道の男性は39.2%で青森県に次いで第2位。
約4割というのは高い数値ではありますが、お隣の中国、韓国には及びません。
※「ガベージニュース」というサイトから得た情報で、2013年のデータ。

中国では大気汚染の街を離れ、肺をキレイにする「肺洗ツアー」というのが流行しているようです。
行き先として日本が選ばれることも多いとか。
う~ん。
大気汚染は深刻な問題ではあります。
けど、「肺洗」するならまず禁煙ではないかと思ったりもします。


今日も「クマ考」にきてくれてありがとうございます。
さて、このへんで一服するかぁ(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 店員さんの時給について | トップ | リボ払いについて »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
30年間も (禁煙9年目のY)
2017-01-30 20:12:41
17歳から47歳までの長きに渡り喫煙者だった。
部室での喫煙発覚で、次々と校長室に呼ばれた時、廊下ですれ違いざまに、Sくんと打ち合わせ。
あいつとあいつは、まだ名前が出てないから、言うなよ、みたいな打ち合わせをしました。
懐かしい
でしたね (クマコー)
2017-01-30 22:13:17
Yさん、若かりし頃はいろいろありましたね。
ただ、今の社会をよしとするなら、あの時代は未成熟でした。先生たちは、タバコを吸いたければ卒業してからにしろと言ってましたからね。二十歳になってからとは誰も言わなかった。先生も事なかれ主義でした。
あーあ (ジョンリース)
2017-02-06 20:39:53
年齢判っちゃった!
いいさ (クマコー)
2017-02-07 13:11:24
ジョンリースさん、記事をいろいろ書いてるとどうしたって歳がバレます。

コメントを投稿

関連するみんなの記事