クマコーの考える時間

日常の中で感じたことを、自分の言葉で、自由に綴ります。今日より明日が良い日であることを願って。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

警察と先生は飲むとタチが悪い? 僕は好意的ですが・・・

2016年09月15日 | 考える

よく行くススキノの飲み屋さんの中に、警察官が出入りする店があります。
見回りに来るのではなく、飲みに来るんです。

警察を毛嫌いする人もいますけど、僕は逆で…
その店でも「警官好きのクマコー」と噂されています(笑)

つい先日も一人で店へ。
顔見知りの女性客が一人いて、彼女と談笑しながら飲んでいると、男が二人入ってきて…
すぐに警察官だと気付きました。
まあ「指名手配中の犯人の直感」とでもいいましょうか(笑)

顔見知りの女性客はそっちのけで、ずうっと二人の警察官とワイワイ、ガヤガヤ。
「カツ丼の出前をとってくれたら何でも白状します」
と冗談を言うと、カツ丼ではないけど焼き鳥の出前をとってくれて、ゴチになりました。

で、白状しました。
20代前半の頃、会社の上司に無理やり大酒を飲まされ、酔いつぶれてススキノの路上に倒れ込み、おまわりさんに助けてもらったことを。
パトカーで家まで送ってくれただけでなく、家に上がり布団まで敷いてくれたんですよ。
僕の警察好きはそこから始まったように思います。

「俺だったら男にはそこまでしないけどな。女ならべつだけど…」
僕と同年輩の警察官は下品なジョークを言いつつも、やっぱりどこか襟を正して飲んでいる。

店にはたまに高校教師なんかも来るんだけど、なんていうのかなぁ…
「飲んでもちゃんとしなきゃ」的雰囲気とでもいうのかな…
そういうのが好きなんですね。
職業柄、警察と先生にはそういう人が多いような気がして、なんか安心して飲めるわけですよ。

ところが、異論を唱える人もいまして…
「警察や先生は飲むとタチが悪い」と。

これはですね、ハッキリいいますけど…
「警察や先生は飲むとタチが悪い」という人も、やっぱり飲むとタチが悪いんです。
類は友を呼ぶで、タチの悪い人はタチの悪い人を引き寄せるんです。

若かりし頃、酒席のマナーが悪い時期がありましたけど、やっぱり周りはマナーの悪い人が多かったです。
心身ともに不健康だった時期には、ホント、不健康な人ばかりと出会いました。

まあ実際問題、悪質な警察官や先生もいるでしょう。
だけど自分が良質な方向へ向かっていれば、「訴えてやる!」と叫びたくなるような人種と交わる機会は減ると思いますけどね。

そして警察官や先生は、どんな場面でもなるべく襟を正し、僕の好きな人種であり続けてほしいものです。
警官や先生なんてロクなもんじゃねえ! と叫ぶ日が来るとしたら、自分自身が「ロクなもんじゃねえ」状態に陥ったときでしょうから、やっぱり多少は襟を正しつつ…
それから、酔って財布を失くすようなことも慎みたいものです(苦笑)


今日も「クマ考」にきてくれてありがとうございます。
「先生」と呼ばれる職業の中で、僕が悪い印象しか持っていないのは「自動車学校の先生」かな。
暴力的な人が多いような気がして…
今は免許をとる人が少ないから、やさしい先生も多いのかもしれませんが…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 同級生、そのつながりは意外... | トップ | ついに遠近両用デビュー。1... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
へぇ〜 (getty)
2016-09-15 19:56:59
そんなことがあったんだぁ〜
いい警察官に出会いましたね。それは、その時、クマコーさんがいい時だったから?
飲んでる時に襟を正しているつもりはないんだけどね〜職業病ですかね〜
いやいや (クマコー)
2016-09-15 20:14:21
gettyさん、あれは最悪の時期でした。だから警察のお世話になったんだと思います。
職業病? gettyさんもお堅い仕事なのかな😙

コメントを投稿