就活@熊本 

今日の就活トピックスを配信中♪

家計に「厳しい春」

2017-03-31 | 社会・経済
食料や日用品、年金保険料・・・値上げ相次ぐ 原油高や円安響く
4月1日から食料や日用品など身の回りで値上げが相次ぐ。一時期に比べ原油高や円安が進んだことが響くためで、国民年金の保険料も引き上げが続く。今春闘では賃上げ水準が前年を下回る企業が多く、家計には「厳しい春」となりそうだ。

罹災証明 申請あすまで

2017-03-31 | 社会・経済
熊本、益城など16市町村
熊本地震で損壊した住宅の被災程度を証明する「罹災証明書」について、熊本市や益城町など県内の16市町村が交付申請の新規受け付けを年度末の31日で終了することが29日、熊本日日新聞の調べで分かった。・・・(詳細は 3月30日熊日朝刊1面)

復興需要4~5年か■供給能力は心配なし

2017-03-28 | 社会・経済
県産材の流通見通し 肥後木材 佐藤耕三会長

熊本地震で被災した住宅の復旧・復興には、県産材の安定供給が必要だ。県内最大級の原木や製材品の市場を経営し、県木材協会連合会の副会長を務める肥後木材(熊本市)の佐藤耕三会長(67)に木材流通の現状や今後の見通しなどについて聞いた。。…(詳細は 熊日朝刊11面)

「なでしこ銘柄」47社

2017-03-24 | 社会・経済
経産省選定「女性活躍」整備

 経済産業省は23日、東京証券取引所と共同で、女性が活躍できる職場環境を積極的に整備している上場企業47社を2016年度の「なでしこ銘柄」に選んだ。対象は「働き方改革宣言」を掲げる日立ハイテクノロジーズや、20年に女性管理職の比率を20%にする計画をまとめたヒューリックなど。…(詳細は 熊日朝刊7面)

仕事「65歳以降も」43% 地方経済総研 県内55歳以上調査

2017-03-24 | 社会・経済
理由「生計を維持するため」最多

 地方経済総合研究所(熊本市)は、県内の55歳以上の男女を対象にした働き方に関する意識調査をまとめた。何歳まで仕事をしたいかについて、「65歳を超えて」との回答が全体の43.7%を占め、働き続ける意欲の高さが浮き彫りになった。…(詳細は 熊日朝刊6面)

世界的ベンチャー創出へ IT起業に最大1000万円

2017-03-23 | 社会・経済
政府 来年度から支援拡充

 政府はIT分野で独創的な技術を持つ個人に対する企業支援策を拡充する。経済産業省所管の独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)を通じて最大1千万円の支援金を出す制度を2017年度から始める。IPAが22日、対象プロジェクトの公募を始めた。…(詳細は 熊日朝刊7面)

西田精麦 ミャンマー進出 JICA委託費1億円活用

2017-03-23 | 社会・経済
今秋にも ハトムギの1次加工事業

 精麦業の西田精麦(八代市)は今秋にも、ミャンマーでハトムギの1次加工事業に乗り出す。進出当初は国際協力機構(JICA)の委託を受け、ミャンマー政府に脱穀の技術を移転。福岡市の健康茶メーカーなどと連携し、将来的にはハトムギの栽培から1次加工(脱穀)、輸入まで一貫したビジネスモデルの確立を目指す。…(詳細は 熊日朝刊6面)

熊本の味 香港で発信

2017-03-22 | 社会・経済
和食店、来月開店 肥銀など出資

 肥後銀行は21日、香港で県産食材を使った和食店を4月21日にオープンすると正式発表した。現地の食品商社が昨年11月に設立した運営会社に出資した。…(詳細は 熊日朝刊6面)

金剛、新実験棟が完成

2017-03-22 | 社会・経済
被災で建て替え 耐震技術開発に活用

 移動棚メーカーの金剛は21日、熊本市西区上熊本の本社敷地内で建設を進めていた新実験棟の落成式を開いた。…(詳細は 熊日朝刊6面)

県 熊本大 産総研 NEDO

2017-03-21 | 社会・経済
新産業創出で協定 復興支援

 県と熊本大、産業技術総合研究所(産総研、茨城県つくば市)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO、川崎市)は17日、熊本地震からの創造的復興に向け、地場企業の産業創出を支援する協定を結んだ。…(詳細は 18日熊日朝刊11面)

大学内定率 最高90.6%

2017-03-21 | 社会・経済
2月時点 6年連続で改善

 文部科学、厚生労働両省は17日、今春卒業予定の大学生の就職内定率が2月1日時点で90.6%だったと発表した。前年同期比2.8㌽増で、6年連続で改善。この時期のデータがある2000年以降で最高となった。…(詳細は 18日熊日朝刊10面)

パート定年 70歳に延長

2017-03-17 | 社会・経済
ヨーカ堂

 セブン&アイ・ホールディング傘下のイトーヨーカ堂は16日、パート従業員の定年を現行の65歳から70歳に延長すると明らかにした。…(詳細は 熊日朝刊6面)

商業地通行量 中心商店街1万8000人増

2017-03-17 | 社会・経済
16年度熊本市 地震影響、健軍は半減

 熊本市と熊本商工会議所は、市内37ヵ所の商業地で実施した2016年度の通行量(2日間推計)の調査結果をまとめた。熊本地震で減少が懸念されたが、中央区の上通や下通など中心商店街26地点の合計は前年度より約1万8千人増え、66万7704人だった。…(詳細は 熊日朝刊6面)

美しい農山漁村 未來へ

2017-03-16 | 社会・経済
「里モン賞」県が12団体表彰

 農山漁村の美しい風景や文化を次世代に残す文化を次世代に残す取り組みをたたえる県の「くまもと里モン賞」の表彰式が15日、熊本市中央区のホテル熊本テルサであった。…(詳細は 熊日朝刊6面)

就活生の君に 経営トップから ㊦

2017-03-16 | 社会・経済
エステー 鈴木 貴子社長 仕事知る機会 活用して

 ―エステー創業者の娘だが、就職活動の時に入社は考えなかったか。
 「父に『子どもは会社に入れない』と言われて育ち、全く念頭になかった。大学で専攻したスペイン語を生かし、グローバルに働けると思い、日産自動車に就職した」…(詳細は 熊日朝刊7面)