中さん

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

日記(3.6)虫へん

2017-03-06 16:14:22 | 日常
3月6日 (月曜日)    曇り

曇った日は気力がわかない!
午後には旅行会の打ち合わせで~16時まで・・
細かい話もでて長引いた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今更ではあるが・
蛙は虫ではないのに虫へんがついていて
おかしいと思っていたが・・・
下記のコラムで”虫”は動物の総称であったと記していたので
なるほどと・・・・

東奥日報の天地人に
 辞典などによると「虫」はもともと、蛇のマムシを表す字だそうだ。
 いわゆるムシ、昆虫は「蟲」と書いた。
 蟲の字は小さなムシがうじゃうじゃと集まっているように見える。
 虫と蟲は、本来は違う意味をもっていたわけだが、
 蟲は画数が多い。略字として、虫を用いるようになったという。

 虫は、動物の総称でもあった
 羽虫は鳥、
 毛虫は獣、
 甲虫は亀のことを
表したとか。

 猛獣のトラを「大虫」「大蟲」と中国で言った。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 われわれが虫とは考えないのに、虫が付く字はたくさんある。
 蛙(かえる)、
 蜥蜴(とかげ)、
 蝦(えび)、
 蜆(しじみ)。
 生き物ではない「虹」にも虫が付く。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 古くは虹は天界に住む竜のような獣と考えられていたという
 ★そういえば人間の中にも虫がいる。
  若き日はこの虫がおさまりきらずに迷惑もかけた時期も・・
  ところがこの年になってみると虫もいなくなったのか静かだ!
  実際はこの虫を抑え込んでいる自分がいることが不思議だ!
  ~~~~~~~~~~~~
 「腹の虫が治まらない」「虫の居所が悪い」などの多くの言葉がある。

 虫、虫、虫とあんまり書くと、
虫嫌いの人に顔をしかめられそうだが、
 昨日は気の一つ啓蟄。
 啓は「ひらく」、蟄は「地中に隠れている虫」のこと。
 虫たちが土の扉をひらき、はい出てくる頃とされる。
~~~~~~~~~~~~~
虫も・・でようと思ったら・・また寒くなるという。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日記(3.5)コラム記事「啓蟄」 | トップ | 日記(3.7) ペルソナ・ノン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。