格差のない平和な社会をめざして   

社会民主党の理念は「平和・自由・民主主義・平等・共生・連帯」です。
社民党熊谷の活動と地域情報を紹介します。

【暑さ対策日本一の熊谷】市内循環「バスを待つ」にも暑さ対策が必要

2017年07月23日 | 連載:公共交通を考える

 国道17号にあるバス停(熊谷駅入口から北大通りまで)には、屋根のあるバス停があります。
市内循環バス停にはそんな設備はりません。
この夏の暑い熊谷で、次のバスが来るのを待つ時に、バス停の近くのお店などで待つことができれば・・・。
そんな制度が深谷市では「バスまちスポット」という名で設けています。
熊谷市にもあれば便利です。

 深谷市の「バスまちスポット」掲載内容(深谷市ミュニティバスご利用ガイドから転載)

 市報くまがや7月号から「暑さ対策いろいろ」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【介護保険料】65歳になったら、1264円から11900円になった。

2017年07月22日 | くまじろうの一言コラム

 65歳になったので、介護保険被保険証が送られてきた。
高齢者の仲間入りという事なのですが、実感が湧きません。
前期高齢者は65歳から74歳。75歳からは後期高齢者となる。

 64歳の介護保険料、6月の天引き額は、1264円でした。
65歳になったので、「介護保険料決定通知書兼納入通知書」が送られてきました。
保険料(年額)109,200円ですが、今年は91,000円と。
(年度当初の初賦課による介護保険料決定のためらしいです。)
第一期分 11,900円を振り込んできました。次回から11,300円を7回振り込みます。

まだ、来年の3月まで働いていますので、介護保険料の負担は気にならない。
4月からは収入が年金だけになり、年金から天引きとなります。
先輩などから、「介護保険料が高い」と聞いていましたが、
いざ、同じ年になると保険料の負担を感じます。

【調べてみました。】
熊谷市の人口は、199,807人(2017年6月1日現在)
65歳からの人口は、54,330人。
65歳からの高齢者の割合は、27%ですから、4人にひとりは高齢者となります。
前期高齢者(65歳~74歳)は、29,427人。
後期高齢者(75歳~)は、24,903人。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

池田まさよさんの白岡駅頭での街宣の日です。

2017年07月21日 | 明日は変えられる 池田 まさよ

  7月21日(金)、池田まさよさんの白岡駅頭での街宣の日です。
社民党埼玉県連合の武井誠代表(坂戸市議会議員)、新島光明・桶川市議会議員、佐藤征治郎(全県連合代表)さんも参加して、白岡駅東口で街宣をしました。

白岡駅の街宣に駆けつけた新島 光明さん(桶川市議会議員)

 市民とお話をする佐藤征治郎さん(前埼玉県連合代表)

 武井誠さん(県連合代表・坂戸市議会議員)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くまがや平和寄席は、今年は開催しません。

2017年07月18日 | くまがや平和寄席

 平和寄席実行委員会から、
「くまがや平和寄席は、会場の熊谷市立文化センターの耐震工事のため今年は開催しません。」
との連絡がありました。なお、市報くまがやの7月号にも開催中止が掲載されています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公共交通を使い、「7・15女性の力で政治は変えられる」に行く。

2017年07月16日 | 四葉のクローバー

 

  公共交通を使って「7・15女性の力で政治は変えられる」に参加する事を試してみました。
最寄りの駅から秩父鉄道を使って、熊谷駅でJRに乗り、大宮駅で乗り換え久喜駅で下車しました。
久喜駅で市内循環バスに乗り久喜市役所で降りて、会場へ。

 バスの運賃は100円でした。久喜駅から市役所までのお客さんはふたりでした。
自宅から会場まで約2時間かかりました。
マイカーでも2時間では到着しないと思います。 

 講演会では、「記録係」を担当しましたが、満足する画像を撮ることができませんでした。

 一眼レフカメラは購入してから、1年以上経つのに、10回は使っていない。
マニュアルを見ながらセットしましたが、上手く撮れませんでした。

デジカメ・アイパットでも、保険の代わりに撮影しましたが、
どちらも満足できる画像がありません。

 久喜駅西口のバス停でお客さんを載せて、久喜市役所へ。

 終点の久喜市役所

コメント
この記事をはてなブックマークに追加