リベルテールの社会学

生きている人間の自由とは、私の自由と、あなたの自由のことだ。そして社会科学とは、この人間の自由を実現する道具だ。

選挙結果はよいことだらけ

2016-11-12 11:00:31 | 断片
 こんにちは。昨日は寒かったです。これは自分のせいなのか、と、とても考える今日この頃。筋肉が落ちると発熱量がおちるという健康神話が。体がなまるというよりも、それ以下なのではないか、と疑心暗鬼。動いてるのは頭の中ばかりでは体もストをするんじゃないか、と。

 ま、ともかく、他にはないんで本日はトランプ。
 大統領の資質はなくとも、資本家と中層労働者の支持を受け大統領へ。まあ、理屈どおりでべつに文句もない、けれど、ほんと、アメリカ人はくずだ、というだけ。これも認識どおりで文句はないが、どうしたんだよ、アメリカの女は。アメリカの女はみんな資本家か? これをクズといわずに何という?
 アメリカ・ファースト。正しい。
 アベは輪をかけたクズだ。ニホン・ファーストというべきだろうが。なんだTPPっちゅうのは。貿易政策にわざわざ時分で枷をはめて、誰のための政治だ。もちろん資本家のためで理屈どおりではあるが。枷じゃなくて自由貿易だ? 愚か者が。個別に是々非々で得を取るのが本当のトランプだ、いや商売人だ。
 もちろん一番誰が悪いって、野田が悪い。TPPの野田。国民以外のみんなに、いい顔したかった野田。何の理念も他人にいえないのはぜんぜんトランプごとではない。エコノミック野田。
 もっとも、こうゆうイヤミがすでに解説抜きには通じなくなってしまったのがかなしい。
 
 アメリカは出て行け。アベはニホンを金で売るなよ。
 核のカサが欲しかったら水爆の5、6発も買って、丈夫そうな中国山地地中とか潜水艦に積んどくとかしたらいい。アメリカのカサはよくて日本の「自前」は悪いなんちゅうのはまるで二枚舌の政治家だ。まるでトランプやアベ。売ってくれなきゃ作るのが良い。どうせほっといたってトランプが赤ボタンを推すであろう。
 自立、自立。これで子どものような日本の子どもたちも、自分で何とかする、という人間に当然のスタンスを身に付けるであろう。
 沖縄も基地押し付けがなくなって、基地が欲しければ来るのはニホン国防軍。独立夢想派以外は、ウチナンチュウの悪口をいわなくなるし、めでたしめでたし。
 世の中良いことだらけではないか。
 
 などなど。じっさい、トランプが負けたらアメリカ人民はあと4年、ムダな夢を見てなきゃならず困ったものだと思っておりましたので、時間つぶしの幻想が壊れていくだけでもよいことです。トランプで仕事が来る、だ? やって来たのはプロシア兵だ。知らないよね。
 アメリカ以外の女性にはガラスの天井を破るのはそれはそれでよいことだったですが、女性首長なんてもうどこにもいるしね。だいたいアメリカ女性が選んだんだからそれはしょうがない。
 
 ところで、こうした主張はだいたい馬鹿なネットウヨではなく、正統派の右翼がするものですが、これを「民族自決」というは歴史家の歴史知らず。「国民自決」と呼ぶべきですな。なにしろ「歴史家」なんていうものはニホン共産党員で、共産党はフジヤマ・ニホンは占領下だ、日本民族は独立して民主主義の世の中を、っちゅうわけで。歴史家っていつの時代だ、って今でもそうでしょ。ときどきウヨの歴史風随想家がいて目立つだけで。
 おお考えてみれば、これでミンミン革命などと二度といわなくなるに違いない。
 ぜひアメリカは出て行け。
 
 おめえはそれでも国家否定のアナーキストか、って。アナーキストでなくたっていいさ。なんと呼ばれようが次の日本革命が一国革命という、国家を挙げた革命となるのは歴史の必然だからね。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうでもいい話 | トップ | 本日はお休みです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

断片」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL