リベルテールの社会学

生きている人間の自由とは、私の自由と、あなたの自由のことだ。そして社会科学とは、この人間の自由を実現する道具だ。

誰も知らない画家が知られていく

2016-11-26 10:40:36 | その他
 こんにちは。おとといは雪でびっくり。11月に積もったのは東京地方じゃあ史上初めてだそうです。買い物へいって帰りましたが、それがちょうどスキー宿へ帰った感じ。なんだ、この寒さは、って、北極の氷が融けたんだそうです。
 融けるくらいに温かいのになぜ寒波? って思うでしょ?
 ネットで適切な説明によれば、冷蔵庫の扉を開けて寒いのと一緒の状況だそうです。その解説者に感心。というか、わけわからんまま終わらせた解説者に反感。 ま、悪文家としては他人事じゃありません。
 ともかく、1ヶ月ずれている気候、かぐら(新潟県)はもう滑れるようです。
 
 今日あたり、ようやく体調も元に近く戻りました。これは記憶力のなさのおかげのような。長生きすると知らんでもいいことも分かるようになります。
 で、ニュースはなんかあったかしら。福島で地震、原発の使用済み核燃料プールの冷却設備が一時停止した、んだそうで。冷却停止、、、爆発、、、
 いいのかね、簡単に言って。いいんだろうね、そんなの「よくある」から。あぶねえあぶねえ。
 こんな原発セット買うなよ、インド。
 
 自衛隊、いよいよ自動小銃に実弾込めて南ザイールへ。まずは、死亡恩給の高い人からどうぞ。
 そもそもの派遣は、これまた、野田のせい。
 理由の如何を問わず、支配権力というものはそういうものです。
 「いや、あれは、云々」という言い訳がネットで散見されますが、こういうのを見るたびに高校の社会科では何を教えているのか、、と思います。
 一点が突破されれば、あとは全面展開あるのみ。
 社会党(系のセクト)にしては珍しく正しい現実把握だったのにね。もっとも、本人たちにはただの「スタンス」の話だったのですが、実は世間というのがそういうものだからスタンスが正しく存在しうる。
 生じてしまった現実に対しては、元々の理屈など全く意味をなさない。これはなんでも一緒。プロの政治家なら誰だって知っているはず。TPPも自衛隊軍隊化も、みんな野田のせいです。共産党も政権なんぞ狙って足をすくわれないように。
 ともかく、リベラル以左で、昔、派遣賛成だった人々は、「そんなのほっておいて帰って来い」運動をすべきですね。敵であれ味方であれ、誰かが死んでからじゃあ遅い。あ、それから、責任のない私どもを巻き込まないように。自分の責任は自分で取るくせをつけないと、またやらかすからね。どうせ、つい先日の選挙でもやらかしたんだろうから。
 
 さて、体調復帰の一因には旅行してきたこともありまして、本日の役に立つブログは、埋もれていた絵の紹介。
 徳島に大塚国際美術館という美術館がありまして、簡単に言うと古今東西の複製絵画の美術館。複製ったって、あの巨大なるミケランジェロの「最後の審判」も、ダビンチの「最後の晩餐」もありますぜ。タッチは見えないのですが、絵は遠くから見るもの、なんて習った人たちにはなんの問題もない美術館で、おすすめです。場所も遠いですが。
 で、テーマは、そのルネッサンス以降ピカソまでのマジで山のようにある世界中の名画に囲まれて、ポツンと飾られた、誰も知らない画家の絵。
 『エデンの園』ヒュー・ゴールドウィン・リヴィエール。
 ネット情報にいわく
 「この美術館で一番気に入った絵」「一番気になった絵」「一番好きな絵」「なぜだか忘れられない」。
 おお、そうか、てなもんで。
 私も気になって、帰ってからわざわざ調べたのですから、ともかく「一番気になった絵」です。
 「晩秋の雨上がりの公園を手を取りあって歩むふたり(http://ameblo.jp/ako-diary2013/entry-11947491012.html)」の絵。ジャーマンな女性の顔がポイント。題と名前で検索されると、上記の趣旨がわかります。
 まあ、みなさん、それぞれ絵が好きな人たちで、自分の知らない絵が出てきて驚いた、というのもあるんでしょうが、ほんと日本人好みというものなんでしょう。絵がうまいとか、そんな理由じゃなくて人気の出る絵というものがあるようです。そう、美とかじゃないんだよね。まことに絵というのは情報の伝達方式です。
 というわけで私も皆様と同じく1票いれようかと思いました。
 
 さて、来週からまたバイトです。
 もう体がなまってしまって動くかどうか危ういですが。
 自分の仕事は再々構成も無事に終わるはずで、ちょっと一安心な時期で。
 てゆうか、文を分かりやすくしないといけないのですが、これが消耗な仕事で、隙間作業でないと虚しい。ま、ちょうどいいタイミングかな、というわけです。
 なので、このブログの更新も(疲れて)土曜とは限らなくなりますので悪しからず。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日はお休みです | トップ | 老化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL