リベルテールの社会学

生きている人間の自由とは、私の自由と、あなたの自由のことだ。そして社会科学とは、この人間の自由を実現する道具だ。

警察権力の昂進条件

2016-10-29 10:20:58 | 歴史への視角
 こんにちは。気温も次第に季節に追いついてきました。昨夜はタオルケットを毛布に変えたところです。
 世間ではいつか出るのが決まっていたポケモンの犠牲者が出たり、年寄りから免許を取り上げないからあたら若い命が消えたり。外は危険だらけです。10歳以下のガキから自転車を取り上げるのも急務ですね。以前、狭い歩道の曲がり角で目一杯ペダル踏んでるガキに正面衝突されそうになりました。危険を感じて歩みをのろくしてなかったら、もろ。命はどうでも、ふつう突然仕事を3日も休むなんて大変な問題ですよね、予定詰まってるのに。
 
 さて、まずはご報告、世の中に家庭教育支援法案なんてものがあって、われわれの城たる家族にまで支配権力を及ぼさんとする勢力があるそうです、と、新聞の投書にありました。「ご報告」と呼ぶのは、一週間前の新聞に載った、という話で、先週の題材ですよね。一言あってしかるべきでしたが、見逃してしまいました。「親学」一派だそうです。日本会議のやつらね。むかし大阪で条例作ろうとして敗れたイメージがありますが、並み居るド田舎では着実にできているそうな。熊本なんか被災支援もしたくありませんな。
 とゆうようなことを、各派機関紙が載せていない。
 かっこつけだけの機関紙はおいて、なんで赤旗が載せないかねえ。
 こういう草の根の権力ネットが一気に体制を持ってくんだぜ。権力ネットをばかにしちゃあいけねえ。
 それにしても右翼って考えること一緒なのね。単純に、政治家になって権力を振るいたかったけど、無能で政治家にさえなれなかったやつがなるんだろうね。ただの口舌の徒。思想なんてありゃあしない。右翼の世の中になったらぶるぶる震えているだけの弱虫。でもなんでもいいからなんとか権力を揮(ふる)いたいんだね。哀れなやつらだ。
 
 さて今週は不愉快なニュースはいくらもあって、書くのも不愉快なので、感心した話を、でドゥテルテ。やっぱこいつは庶民的によい。
 私儀、いつも庶民としての気持ちをイデオロギーに流されないようにしておりますが、いいでしょ? みなさん。悪口雑言だとかというけれど、ホントもウソも初めからなく、いいからフィリピンはまかせろ、みたいな清々しさがあります。
 で、なにがいいって、あの暗さがいい。小説を地でいってますよね。過去に何があったんでしょうか、ほんと、官僚体制なきスターリン。命捨ててますね。わたしは大審問官たるスターリニストにはなれてもスターリンには到底及ぶことはできない、と自分のことで安心しました。庶民で十分。
 で、本題は、武力権力の行使。
 国民が分断されている中での戦争介入、人殺し化は、その他の武力権力たる警察権力の行使を昂進させる。
 というテーゼ。
 これはもう本にしませんので、この場限りの貴重な発表。
 軍による他国民の殺害と自分たちの死亡は、庶民に国家殺人に対する賞賛と優越を与えます。庶民は、「他国民を殺害するのは悪ではない」 と思いたがるし、他方、「よくもやったな」 とも思うんですよね。そうすると当然に、国家のための警察も、「よし、俺だって」 と思うし、思うだけじゃなく実行するし、庶民もそれを見て喝采する、というわけです。 で、後になって汐が変われば「俺たちは騙されていた」 とか、カエルのツラで言う。
 ここで「国民が分断されている」というのは、分断されていないと警察権力の行使が鈍ることを指しています。分断自体が社会的ストレインを高める、ということですね。もっともイギリスのように安定した分断というのも、過去にはあったところですが。
 こういうのは形式社会学ではなく、社会過程をめぐる抽象、といいます。どう違うかというと、抽象理論の基礎に行為理論がある、というわけで。
 なので、だいじょぶ、歴史の動きは加速度がつきます。自衛隊の国防軍化以降、すぐにアメリカのようなファシズムです。許される党派は自民党のみ。
 何がだいじょぶか、って、未来の革命情勢ですかね。
 
 すでにドゥテルテの話題ではありませんね。あと別の話題も、とは思いましたが、話が重要すぎましたのでバランスが悪く、本日はこの辺で。
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞記事 | トップ | どうでもいい話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史への視角」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL