リベルテールの社会学

生きている人間の自由とは、私の自由と、あなたの自由のことだ。そして社会科学とは、この人間の自由を実現する道具だ。

マイナーな感心2件

2013-05-19 15:31:01 | 初めの言葉
 こんにちは。1年で一番良い季節の頃、時間を大切にしなければいけません。

 本日は感心した記述を2点

(その1)
「つなみ」という大震災の子供たちの作文集がありまして、なんの期待もなくめくってみましたら、中学3年生の子が書くには
”なんで東京電力を悪く言うのか。東京電力のおかげで浪江町(だったと思う)はこんな繁栄してこられたのだ。僕は東京電力に感謝している”って。
 おお、偉いじゃないかね。それが仁義というものだよ。
 自分の賭けに負けたからって他人を責めるのはおかど違いもいいところだ。
 しかも被害者だから金を出せ、なんて論外だ。人間、どっか狂ってるよ。
    ま、ほとんどの人が狂ってるんだから、俺も他のみんなと同じだ、補償金を出せ、でもいいけどさ、
    そう思ってもこの子は「まともな人間」とはどういうものか、と感じさせるね。
 名前も書いて褒めてあげようかとも思ったけど、残念ながらその1文に「僕は東京電力を誇りに思ってます」って、これはいかんな。自分で考えたんじゃないことがばれてしまった。
 誇りに思うなよ、そいつら(と賭けに負けた人間)のおかげで何十万人の人生が狂っちまったんだぞ。中にはもう心ならずも死んでしまった人もいる。そんなやつらが良い奴のわけないだろ。
 とはいえ、人間て仁義はわきまえるべきもんだと思うよ。ようするに自分の責任だね。これは、たとえば、政府が気に入らなくとも、自民党に投票した奴は自民党のせいにしないで自分のせいにする。 そんな基本的なスタンスを持て、ということでもあります。はいはい、マイナーで結構。

(その2)
 改善された天声人語によると、橋本の売春婦がらみで、『「品位のない憎悪や憤激」が繰り返されるうちは、戦争は「埋葬」できない。それは「品位によってのみ」可能になるのだ、と』
ウェーバーがいったそうな。
http://www.asahi.com/paper/column.html
 ほう、それは感心。
 
 橋本努のサイトから引くと「戦争の道義的埋葬は、Sachlichkeitと騎士道精神、とりわけ品位によってのみ可能となる。」ってさ。
ウェーバー『職業としての政治』。このアルファベットは中山元の訳だと「事実に即した姿勢」。
普通 「そう、訳しゃいいじゃねえか」、と思うとこだけど、折原浩(門下)だからね。

 とにかく、ウェーバーっちゅうのは形式社会学者だったっけ、と思わせる人生訓で、相手が政治家であればおっしゃるとおりのような。戦争の記憶というのは、俺は正しいとか誰が正しいとか、そんなもんじゃあねえよ、ちゅうことですな。
 運良くたいした賠償も払わずに復興大国になれたんだからさ。ひたすら品位あるのみ、というのが正しい、というところでしょうね。
 じっさい、ウェーバーにもなんかニーズがあったんだろうね。そのころ第1次世界大戦でドイツは旗色は悪いし、負けないうちにそろそろやめたほうがいいかな、というところ。ウェーバーといったって、決して頭は悪くないからね。主体的に考えられたのでしょう。

 これも闘うみなさんはひとごとにしないほうがよさそうですね。
 埋葬できる記憶などないが、実は事実だけは埋葬できる、ちゅうことです。
 ま、わかんない人には言ってもムダだけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小休止

2012-10-14 20:40:21 | 初めの言葉
 こんばんは。いよいよ秋ですね。夏にも冬にも弱い私には、書き入れ時となりました。

 私は社会学専攻ですが、大学1年のときに新入生用に予備ゼミというのがあって、そのときに間宏という先生がおっしゃるには「(君たちのような) 学生がどうして勉強をしないんでしょうか。労働者は、もっともっと勉強してますよ。条件のいい学生が勉強しないというのは私にはわかりません」 なんてお小言を。
 私は既に小さいながらアナーキストの過去の自負がありましたので、心の中で、そりゃ違うでしょ、あなたは全共闘の大学教授への糾弾を知らないんですが、といいたかったですが、突然のお小言で、時間が通り過ぎてしまいました。
 間先生という人は、夜間高校や労働者学校で教えていたので、それは実感だったんでしょう。
 
 で、(既報のように、私の)友人が死んでしまうと、やはり、私は生きてるうちに勉強しとかないと、とも思うんです。
 それは間先生が正しかったわけではなくて、「私はもう労働者だから勉強しなければならない」と収約する、ということですが。
 微妙にわかりませんかね。まあ、日本ではそういう時代の変遷があったということです。

 というわけで、先日グチりましたように、寒くなって手がかじかむ(と勉強したくなくなる) 12月末までこのブログは不定期にしようかと思います。なんか、google検索システムの変更か、この2,3日、突然アクセス数も減って、おまえなんかどうせぐうたらで、あれもこれもはできないんだから早くやめろよ、という神様の思し召しかとも思いますし。

 そもそもこれを始めたのは、5年前、一冊前の創造的書籍が終わったときで。
 このブログと平行して書いたはずの「行為の集成」は、厚いだけで集大成なので、頭はあんまり使ってないのです。
 若い人は、試験勉強や、本を読んで書いた人にケチを付けるのが勉強と思ってらっしゃるかも知れませんが、そんなものはマラソンと同じで、体操競技です(=他人の情報に反応しているだけの作業)。勉強というのは自分の頭だけで考えることです(=自分の頭で土台情報を掲出提示し自答していく過程)。どう違うかこれはしてみないとわかりません。

 というわけで私は2時間ぐらいボーッとし続ける頭脳競技にはいりますので、ずいぶん駆け足ですがしばらくあとまで、それではまた。 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グチか疲労か展望か

2012-09-02 20:05:00 | 初めの言葉
 こんばんは。勤務帰りの自宅周辺からは、あちらこちらからの若々しい虫の音が、いまだ残った油蝉の声を圧倒する今日この頃
 本日はためになりません。
 
 昨日は出勤前のブログチェックで(私はいいかげんな勤務体系)、数少ないコメントで、古い記述に、「その表現違うだろ」 みたいな話で。おっしゃるとおり言葉抜け。がっくりですねん。
 私のような80%主義者が、酔っ払ってきちんと表現して書こうって無理なんでしょうね。
 
 それもそうだけど、お客さんが古い日付に来てるって(前もそうだけど)、それも力落ち。
 このブログのお客さんなんて山のように来てくださるわけでもないのにね。 こりゃ大方、フリの客かい、みたいな(失礼)。
 
 もうブログやめちゃおうかな。少なくとも時間つぶしだな。
 
 なんて思う一方、じゃあ、誰が私のお客さんなのかな、という問いかけもあるところ。
 
 わたしゃ別に美空ひばりになる気もないし、さだまさしになる気もないし、まあ岡林信康になればそれでコーリング、召命、使命ははたされると思ってる、と思えば、仔細な論理構成より、何をいいたいかを数人の読者にわかってもらえることの方が重要だ、とも考えられるところ。
 
 岡林信康って知ってる? 歌手だけど歌は「友よ」(や「山谷ブルース」)しか残っていない、でもタイガース(阪神ではないよ)よりはましな存在。
 と思ってるファンが一人(=私)いれば彼も本望だろうと。わたしなら本望です。
 
 でも、秋になったら休止して応用理論に専念したほうが将来の人類のためかもしれない、とも思うところ。
 それと、その書の中に、大事な既出のブログテーマを、誰でも論理を追える形で再掲する方法を考えようか、とも思うところであります。
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめまして 隈です

2007-09-17 11:49:52 | 初めの言葉
これがブログというもののはじめての画面ですね。
ざんねんなのは、これってすぐに日記の奥に埋もれてしまうんですよね。
  なんかつまんないなあ、と実はHP派。

それはそれ。ともかくも、よろしくお願いいたします。

まずは、このブログタイトルの説明で。

「リベルテール」とは何か。日本語にすると「絶対自由主義者」、下世話にいう無政府主義者のことでんねん。なぜか関西弁。

英語でリバータリアンていうんですけど、びっくりしたことに最近はリバータリアンというのは自由経済主義過激派のことを呼ぶんだそうな。
さっきもネット検索したら、その手の人たちが「リバータリアンて、無政府主義者が本家はこっちだなんていってるよ、うそつきだね」みたいな話を載せてました。
冗談でしょ。
ぼくらが高校生のときは、リバータリアンには無政府主義穏健派以外の意味なんかなかったさ。
というわけで、これ以上お子チャマたちに名前を取られないように、生き残っている「リベルテール」の言葉を広めようかと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加