くまどこ

東紀州ポータルサイト「くまどこ」で紹介できなかった写真、大きな画像でお見せしたい写真などを紹介。※写真の無断転載禁止

6/10 妙見山へ(御浜町神木)

2017年06月10日 16時41分34秒 | くまどこ(熊野)情報

前回は2013年4月に、ガンガラ滝から登っています。
3回に分けて紹介しています。
 

妙見山への御浜町神木からのルートは町石が残っており、道はイノシシにかなり荒らされているところも多いですが、石畳がしっかりと残っており大切な信仰の道だったことがわかります。

御浜町神木の上り口からだと2.2km。ほとんど登り続けます。
入り口から、しばらくはみかん畑の横を通る道ですが、落ち葉や枯れ枝が堆積して歩きにいくです。
そこを抜けると石段の残る道で、巡礼の道を十分感じさせてくれます。 

個人的に特にこの空間が素晴らしい。御神体までもう少しのところ。
このまま木々と、この道が残って欲しい場所です。
写真撮影やビデオ撮影をしながら登ったので、約2時間弱で到着。
今の体力では、これ以上の速度は無理だと自覚しています。

久しぶりの妙見山。入り口の鳥居。

祭壇です。
木の根が剥がれて倒れかかっています。白い石は七里御浜のものでしょう。
一つ一つに戦争から無事帰って欲しいという願いが込められています。 

今回は、この大岩の上に登って行きました。最初の写真はそこから撮ったものです。
登って行くルートがあるのですが、一人で行くのはおすすめしません。
道をロストしても慌てないで戻るぐらいに考えて進むか、登ったことのあるガイドがいれば理想です。 

 

頂上部の岩屋。
形状からして、ここがご神体のように思えてしまいます。

熊野灘と御浜町あたりを望む。
なんともきれいな風景。 

人の名前が彫られた岩。
この方々は戦争から無事帰られたのでしょうか?
そんなことを思いながら。

今回、誰も登ってないだろうと思っていたのですが、津市からのグループが登っていました。
帰りによく冷えた甘夏をいただきました。
疲れている体にとても心地よく、とても美味しかったです。本当に感謝です。

 

熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。

 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/6 阿古師神社(熊野市甫母... | トップ | 6/16 熊野古道「横垣峠」水... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。