庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

彩雲が幸せを届けるって、本当!?

2017-01-31 11:13:58 | 日記・エッセイ・コラム

昨日、彩雲は観た人に幸せを届けると言う記事と、
彩雲の写真をアップしました。

すると、、いきなりブログのアクセス数が、グングン増
えだして、いったいどうしたんだこれは??状態に。。

もしかして、と思って調べてみると・・ 

先週1/26にアップした ”江ノ島の河津桜とメジロ” 
の記事が、編集長が選ぶ今週のgoodなブログに
選ばれていました、ラッキー♪!\(^o^)/

彩雲が幸せを届けるって・・やはり本当だった!?

そこで、今日は拙ブログの読者の皆さんにも、幸せが
届くように願って・・

私が今まで観た、彩雲の写真をセレクトしてアップします。

良いことが起こると良いですね! 期待しましょう! 

2016.12.16 朝の彩雲

2016.9.9 朝方の空に現れた彩雲。

夕方の空に現れた「彩雲」 2016.9.10撮影

パステルカラーの彩雲の空を飛ぶ1羽の鳥。

幻日。

2016.1.27撮影これは見事な幻日でした!

そして見事な環天頂アーク(逆さ虹)。

最後は昨日の拙ブログのアクセス数。
いずれも、今までの数倍で新記録ででした!

 

今週のgoodなブログに選んでいただいた、
gooブログの編集長に感謝!

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

朝日に輝く彩雲!

2017-01-30 08:58:35 | 日記・エッセイ・コラム

今朝、南東の空に朝日に輝く綺麗な彩雲が観られたので早速、
写真をアップします。

 彩雲」は、古くから良いことが起こる前兆とされ、「慶雲」「紫雲」
「瑞雲」「五雲」など、
さまざまな呼び方があり、過去には美しい彩雲
が出現したため、元号を慶雲と
改元したこともあったそうです。。。 

最近は、あまり良いことのない世の中ですが ・・・ 

見た人に幸運を届ける雲とも云われている「彩雲」です、
何か良いことが起こると良いですね! 期待しましょう! 

am7:30頃 自宅庭先より撮影。

彩雲」は、太陽や月の近くに浮かぶ雲のふちが、光の回折によって淡い
グリーンや青、ピンクなど、五色のパステルカラーに美しく輝く現象です。 

 

彩雲は、私も過去にも何度も見かけ、その都度ブロクにも
アップしていますが、日頃から注意深く空や雲を見上げて
いれば、わりと見つけやすくなるようです!

最近はその日の気象条件や、太陽の位置、太陽の近くを
通る雲の様子などを観ると、なんとなく出現しやすい状況
が分かるようになってきました。 

上を向いて歩こう ♪(⌒▽⌒)/

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カワセミとコイ

2017-01-29 09:23:58 | 日記・エッセイ・コラム

寒中とは思えないような暖かさに誘われて出かけた散歩で、
川沿いで出合ったカワセミの写真を撮っていると・・・

小魚を狙うカワセミ。

川の中を後ろから大きなコイが。。

さすがにカワセミも、この大きなコイはパスですね~ (笑)。

オッ!何か見つけたようです。

ダイブして何か咥えて来ましたが・・・
小魚では無く、枯れ草?残念!狩りは失敗か?。。(-_-;)

そばでジッと見ていた、シジュウカラ。

ジョウビタキのメスもいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春節の夕陽に浮かぶ不思議な雲!

2017-01-28 21:43:58 | 日記・エッセイ・コラム

今日1月28日は、旧暦の正月で中国や中華圏の人々に
とっては春節ですね。

今日、夕陽の写真を撮っていると、まるでその春節を祝う
かのように、とても不思議な形の雲が現れました! 

翼を広げたこの形は、伝説の鳳凰?麒麟?白龍?それとも。。

夕陽に輝くその姿はまるで目に見えない世界から、この世界に
姿を現した伝説の霊獣白龍?ようで、なんとも不思議な姿でした。。

自然が創りだす摩訶不思議な光景には、驚きを禁じ得ません!

もしかして何かのしるし?なのかも知れません。。

こういう光景に出合うと、思わずワクワク、ドキドキしますね!

今日の夕陽。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江ノ島の大空を飛ぶカモメ

2017-01-28 09:35:08 | 日記・エッセイ・コラム

冬の江ノ島シリーズのラストは、青い海と大空を飛ぶ
カモメの姿をアップします。

海を見つめるカモメ。。

大空を飛翔するカモメ。

この、大空を飛翔する1羽のカモメを見ていると・・・

ふと、昔若いころに読んだ小説「かもめのジョナサン」を思い出した。。 

原作はリチャード・バックで、1970年代の初め頃にベストセラーとなり、
日本では五木寛之の訳で出版された小説です。

餌をとるためにしか飛ばない、他のカモメの群れと離れて・・・

純粋に飛ぶことを追求しながら、自分の生き方を貫いた孤高のカモメ、
ジョナサンの物語。。

読者たちを精神世界の探究や、自己啓発などへといざなったとされて
いる小説です。

私も若い頃、この本を読んで多少なりとも影響を受けた一人なのカモメ?。 

江ノ島のヨットハーバー。
3年後の東京オリンピック では、あの1964年と同じくここで
再びヨット競技が行われます。

東浜より、鎌倉方面を望む。

最後は、竜宮城のような小田急片瀬江ノ島駅から、
電車で帰りました。

 

冬の江ノ島シリーズはこれで終わります。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加