庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

大雪(たいせつ)~黄落の季節

2017-12-07 09:35:38 | 日記・エッセイ・コラム

今日は二十四節気の、「大雪(たいせつ)」です。

※「おおゆき」ではなく「たいせつ」と読みますのでお間違いなく。

気圧配置は完全な冬型となり、朝晩の冷え込みもより一層厳しく
なってくる時季です。

遠くの山の峰々が雪に覆われたりして、冬らしい風景も見られる
ようになってくる頃で、山岳だけでなく、平野にも降雪のある時節
ということから大雪といわれたものでしょう。。

暖地のこの辺りもそろそろ紅葉も見頃を過ぎ・・落葉の季節へと
移り変わりつつあります。。 

楢や櫟など黄色く色付いた木の葉が散ることを黄落といいます。

初冬の陽に輝きながら、はらはらと散りゆくの木の葉を観るのも
独特の風情があって・・ 

この時期ならではの愉しみですね。。 

黄落の森。

この時季、落葉した森の道を歩くと、歩く度に足下の落葉が
カサコソと囁くような気がします。。

 

黄落の代表といえば、何と言っても銀杏の落葉ですね!
近隣の神社境内の銀杏の黄落。

やがて木の葉がすっかり落葉すると・・
本格的な冬の訪れです。。

 

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三渓園のニャンコたち | トップ | 冬の夕陽と「冬茜」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事