庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

袖 振り合うも 多生の縁

2016-10-14 08:58:35 | 日記・エッセイ・コラム

秋は、しみじみともの思うのにふさわしい季節です、人生の意味などを深く見つめ、
思うのにもふさわしい季節
。。 

昔から「袖 振り合うも 多生の縁」といわれますが、人との縁はすべて単なる偶然
ではなく、深い縁によって起こるもの・・・だから、どんな出会いも大切にしなけれ
ばな
らないという、仏教的な教えに基づく言葉です。。

“着物の袖が振り合う” ということは現代でいえば、街中で誰かとすれ違ったり、
電車やバス、会食の席などで隣に座ったり、同じ職場で、机を並べて仕事したり、
するような“縁”のことでしょうね。

“多生”とは多く生まれると書くように、過去何百、何千回と生まれ変わり、生まれ
変わり、
輪廻転生してきた長い長い過去生において、という意味です。
(注:多少の縁ではなく、”多生”の縁です)

その長い過去の“多生”の間に、なにかしらの縁があった・・・
なにかしらの関わりや、なにかしらのつながりあった・・・

その縁によっていま、電車で隣に座ったり、職場で隣に座ったりしていると言える
ではないでしょうか?

“袖振り合う”どころか、現世で親子、夫婦、兄弟、姉妹、友達となっている人とは、
前生や過去世において、よほど深い縁があった方々なのだろうと思われます・・・

そう思うと、いま “縁” あって身の回りにいる人たちは、大切にしなければと思う。。

秋の野道を行く親子。

何かしらの縁あって、拙ブログを訪問してくださっている方々とも、”多生の縁”
によって、過去生でなんらかの繋がりのあった方々なのでは?と、ふと想う・・・

いつも拙ブログを訪問いただき、ありがとうございます。
改めて感謝申し上げます。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花と遊ぶ蝶たち | トップ | 秋晴れの朝~久々の富士 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めてのコメント (まあ)
2016-10-14 13:43:25
リアル解析からお邪魔しました。

とても素敵な記事ですね~
秋は、いいですよ、夏にはない静けさや自分のことをふと思う心になります。
この記事を読ませて頂いていつも自分もそう思っているなぁ、と。
偶然ではないのですよね、夫になる人、子供として生まれくる子。。。
周りの人の縁を大切にしたいと改めて思いました。
多生の縁 (庭先の四季)
2016-10-14 16:24:37
まあさん、こんにちは。
数多あるブログの中から、拙ブログを訪問いただき、コメントまでいただいたのも、
多生の縁によるものなのかも知れませんね・・・
宜しかったらまた、訪問下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。