庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

秋隣(あきどなり)

2017-08-11 08:53:58 | 日記・エッセイ・コラム

立秋を過ぎても、日中はまだまだ厳しいが残暑が続きますが、朝夕は
吹く風にも少し涼やかさが感じられるようになり、微妙に季節の変化を
実感します。。

秋隣(あきどなり)という言葉は、本来立秋に入る前の夏の季語ですが、
まだまだ厳しい暑さが続くなかで、時折り吹く涼風や虫の音など、ふとした
瞬間に少しづつ近づく秋の気配を感じる・・・  

そんな心地よさが感じられ、四季の変化に対する日本人の敏感な感受性
が感じられます。。

今朝は雨降りで涼しい朝、このまま涼しくなってくれると有り難いのだが・・・ 

そんな訳にはなかなかうまく行かないのもまた自然だと想う・・・ 

特に近年は気候変動が激しく、極端から極端に変化して今までの常識が
あまり通じなくなってきているように感じる。。。

 松が根に 小草花さく 秋隣  <正岡子規>  

古民家の庭に咲く、真っ赤な鶏頭。

栗の実膨らむ。

竹林の向こうには鰯雲。

赤い椿の実。

キバナコスモスに止まるツマグロヒョウモン 。

 

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田中角栄の言葉 | トップ | 緑と茶色のカマキリ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みほ)
2017-08-11 13:43:50
今朝は雨降って少し涼しいとは羨ましい限りです。
大阪はカンカン照りです。気温34℃。お墓にお盆用のお花を替えに行きましたら混み合っていました。
秋隣りとかゆきあひの空なんて好きな言葉です。
西暑北冷 (庭先の四季)
2017-08-11 15:23:54
みほさん、こんにちは。
西の地方では、相変わらず猛暑が続いているようですが・・関東から北の
地方ではわりと涼しい日もあり、今年の夏は西暑北冷のようですね!
暖かい春を待つ春隣とか、涼しい秋を待つ秋隣という言葉には、それぞれ
心地よい季節を待ち望む想いが感じられて、風情のある良い言葉ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。