庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

水辺で普通に観られるようになったカワセミ

2016-10-19 09:55:38 | 日記・エッセイ・コラム

水の上を飛ぶ宝石とも言われる美しい姿で、人気の高い
カワセミだが、一時期、非常に数が少なくなったことがある。

それは高度成長期の1960年代、公害による河川の汚れと、
レイチェル・カーソンの「沈黙の春」に描かれたような、農薬
全盛の時代だった。 。

しかし、近年は環境の改善もあってか、徐々に復活して個体
数を回復し、 今では各地の水辺でも普通に見かけられるよう
になったのは喜ばしいかぎりである。

川沿い散歩で見かけたカワセミ。


 

 

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好きな方言は、「じょんのび... | トップ | 白秋~白い花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カワセミ (ちごゆり嘉子)
2016-10-19 10:09:13
ほんとに素晴らしい!
一度しか出ってませんので、有難うございました。
 ポチして応援します。
カワセミ (庭先の四季)
2016-10-19 10:59:07
ちごゆりさん、早速のコメント及び応援のポチッ、ありがとうございます。
これから冬場にかけて、カワセミと出遭う機会も多くなるので、良い写真が撮れたら、
またアップしますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。