庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

葛の裏風

2017-09-08 09:30:58 | 日記・エッセイ・コラム

夏の間、すごい繁殖力で隣の森の斜面を覆い尽くしていた葛の葉。

秋風が吹くと、ひるがえる白い葉裏が銀色の風の道を見せてくれる
事から、その風は「葛の裏風」と呼ばれていたらしい。。

葛は空き地等で、どこでもツルを伸ばして繁殖するので厄介者?
扱いされますが、昔は葛の根から葛粉をとったり、茎の繊維で葛布
を作るなど、人々の暮らしと結びついており、風邪薬の葛根湯も葛
の根が主材となっているそうです。

そう言えば、子供の頃風邪をひくと母が片栗粉をお湯で溶いた甘い
葛湯を作ってもらって飲んだ記憶が残っているが・・・

葛をカタクリとか、カタクリノキと呼んでいる地方もあるそうですが、
今では、葛湯の原料の片栗粉はジャガイモのデンプンから作られて
いるそうです。。

森の斜面を覆い尽くして繁る葛の葉、風が吹くと、ひるがえる
白い裏葉が銀色の風の道
を見せてくれる。。

 「きのうけふ葛葉に嵐吹くことよ」 (白雄)

「秋風の吹き裏返す葛の葉の恨みてもなほ恨めしきかな」 (平貞文)

葛の葉の「裏見」は「恨み」にも通じていたようです・・・

ふだんは葉の裏に隠れて、あまり目立たないのですが紅紫色
の美しい葛の花は、秋の七草の一つにも数えられています。

裏山では、ハゼの木の葉が早くも紅葉始め?

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白露~紅白二色咲き?の酔芙蓉 | トップ | 重陽の節句~初秋の花散歩 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ナナシ)
2017-09-09 08:56:38
「葛の裏風」初めて知る言葉、日本語は本当に繊細ですね。
花は別としてあまり目向きもされない葛の葉も、ひとたび風が吹けば
何と風情のある様になることでしょう。555539
花の匂いが秋の訪れを感じさせてくれます。
葛の葉 (ミウル)
2017-09-10 10:08:34
葛の葉は兎の大好物です。10年ほど前まで飼っていた兎に、道端に生い繁る葛の葉を与えていたことを懐かしく思い出しました。9年余生きた兎でした。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事