庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

「茹でガエル」って何?

2017-06-19 06:23:58 | 日記・エッセイ・コラム

空梅雨状態だった今年の関東地方も、ようやく昨日から雨降りで、
梅雨らしい天気になってきたようです。 

昔から「カエルが鳴くと雨」と言われていますが、この場合の蛙は、
読んで時のごとく雨蛙(アマガエル)の事です。

カエルは皮膚呼吸をしているので、空気中の湿度や温度に敏感
に反応して、天気の変化をいち早く知ることが出来るそうです。

特にアマガエルは湿度の変化に敏感で、雨が近づくと鳴き出すの
で 雨蛙の天気予報は、かなり高い確率で適中するそうです。

雨ガエル。

ところで、最近私が気になっている言葉で「茹でガエル」という言葉がある・・・

カエルを熱湯の中に入れると驚いて飛び出すが、常温の水に入れて徐々に
熱すると、カエルはその温度変化に慣れていき、生命の危機と気づかない
うちにゆであがって死んでしまうという話です。。

ゆっくりと進行する危機や、環境変化に対応することの大切さ、難しさを戒める
たとえ話の一種で、一つの教訓として定着しています。

第二次安倍政権になってからのこの4年半で、特定秘密保護法、安保(戦争)法、
そして今度の共謀罪等、彼らの真の目標である本丸の憲法改正に向かって、
じわじわと外堀や内堀が埋められてしまった気がする。。 

ハット気がついた時には・・・

現憲法で保証されている平和や基本的人権や自由が制限されて、自由に言い
たいことも言えないような、「一億総監視社会」の息苦しい嫌~な世の中になって
しまっているのでは?と大変危惧している。。 

私たちも、天気の変化にいち早く反応するアマガエルを見習って、くれぐれも
茹でガエル状態にならないよう・・・ 

すでに、釜の温度が上がって「茹でガエル」状態にされつつあるのかも?

気づいた人から、早く飛び出して欲しいものだと願うばかりである。。。

再び、戦前回帰のような暗い世の中に帰る(カエル)のだけは止めよう!

カエル君のように世の中や環境の変化に、いち早く敏感に反応していきたい
ものですね! 

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八景島あじさい祭り2 | トップ | 散歩で出合った生き物たち »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい湯 (ミウル)
2017-06-21 15:53:12
各世論調査結果から、40%ぐらいの人(茹でガエル)は、今を、いい湯…42度ぐらい…と思っているのでしょう。今は、47度ぐらいと思うのですが。徐々に温度が上がると、温度上昇(変化)に気付きにくい、という法則に納得。外に出た人は、衣服も隠され丸裸………
熱いから早く出た方がいいよ、と言っても、茹でガエルにはいい湯なのでしょうか。
茹でガエル (庭先の四季)
2017-06-21 23:18:35
ミウルさん、こんばんは。
森友、加計疑惑に加え、あの強引で酷い国会運営を見せられて
急落したとはいえ、安倍内閣の支持率がいまだ40%前後もあるのは
茹でガエル状態にされて、政治等に無関心な国民層がそれだけいると言う事だと思います・・・
取り返しの付かない事になる前に、何とか気付いて欲しいと願うばかりです。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。