庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

「竹の春」~爽やかな竹林の道

2016-10-17 09:05:38 | 日記・エッセイ・コラム

朝の散歩で近隣の竹林の道を歩いてみた。

竹は、普通の植物とは逆の生長パターンを持っていて、
秋に芽を出して、
春に枯れる。

春は、筍が生え出るため筍に養分を取られてしまい、竹自体
は衰えて黄葉
したり落葉してしまうので、竹の秋と言われる。

木々が葉を落とし始める秋になると、春に筍だった若竹も
りっぱな竹となり、
親竹は夏に蓄えた養分で葉を青々と茂ら
せることから、秋は「竹の春」と呼ば
れています。

世間が春の季節には竹は秋、秋のこの時期には竹は春、
なんだか天の邪鬼
のようにも見えるが・・・

竹は竹で自然のままに真っ直ぐに伸びて、強風や冬の積雪
にもしなやかに耐え、自分の時間を生きているとも云える。。

 人の世も、無理に周りの環境や時間に合わせなくても、
竹の様にそれぞれ
が自分のペースで、しなやかに生きて
いけたら一番いいと想うのだが・・・



周囲の木々がだんだんと紅葉したり、枯れて行く中で、
若い緑の葉を風にそよが
せる竹・・・

秋の風景にやわらかさを添えてくれる貴重な存在だと思う。。

竹の若葉が爽やかな竹林の道。

 

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の夕陽と満月 | トップ | 庭先の秋の虫たち »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リラ)
2016-10-17 14:32:14
竹は不思議な植物ですよね。
スピ的にはプレアデスから来たようです。
蓮もプレアデスですが。
竹の故郷? (庭先の四季)
2016-10-17 16:47:40
リラさん、こんにちは。
竹は、筍の驚異的な成長力など、確かに不思議な植物ですね。
スピ系の本によると地球の植物は、緑のふるさとと呼ばれる星
オリオン星団由来の植物が多いと言われていますが・・・
竹や蓮は、プレアデス由来と言われると、何となく納得です!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。