庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

「端居(はしい)」夕涼みでヒグラシの声を聴く

2017-07-13 08:23:58 | 日記・エッセイ・コラム

ここのところの晴天続きで、朝からキツい日差しが照りつけて暑い!
各地で高温注意報が出たりして、一気に真夏モードに突入か?

日中は暑くて外に出る気にもならないが、今のようにエアコンのない
時代は、夏の暑い日に家の中でも、縁先や風通しの良い窓辺に席を
移してくつろぐことを、「端居(はしい)」といいました。

庭には、風が涼しくなるようにと水を打ち、軒先に吊るした風鈴が
夕暮れの風で、チリン~と澄んだ涼しげな音を立てる・・・

端居と言う言葉からは、こうした昔ながらの夏の風情や情緒がしみ
じみと伝わってきます。。。

日中の暑さがようやくおさまってきた昨日の夕方、縁先や庭先に出て、
夕暮れどきの涼しい風を受け夕涼みをしていると、隣の森からカナカナ
カナ~~ッという涼し気なヒグラシの初鳴きが聴こえてきた。

セミの中でもヒグラシは、日中の暑い時間帯にはあまり鳴かずに、
夜明けのまだ涼しい時間帯や夕暮れどきによく鳴く。

鳴き声もカナカナカナ~~ とわりと涼しそうな鳴き声で、アブラゼミ
やミンミンゼミの、ミ~ンミ~ンやジージーッといかにも暑苦しさを感じ
るうるさい鳴き声でない。

朝夕に響くヒグラシの鳴き声は、涼感や何となく物悲しさも感じて、
夏の風情を感じる。。

ヒグラシの声を聴きながら夕涼みをするのも、夏の楽みの一つ。。

(ヤブ蚊対策は必須ですが・・・)

もっとも最近はエアコンの普及により、住居は閉鎖的になり、端居の
風情や夕涼みを楽しむ習慣などは、すっかり影を潜めつつあるようで・・・
何となく寂しい気がします。。

ヒグラシ。(画像はwebより借用)

庭のブットレアの花に来たキアゲハ。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”FIGHT ヨコハマ DeNA”  | トップ | 夏の朝涼やかに咲くメガネツ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。