庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

水琴窟(すいきんくつ)の音色

2016-07-02 10:33:58 | 日記・エッセイ・コラム

近所の公園にある古民家の庭に、最近水琴窟(すいきんくつ)が設置
されたというので、さっそく水琴窟の音色を聴きに出かけてみた。 

水琴窟 の、水滴が落ちる "ピチャン" "ポチャン" という心地よい音は
水琴に含まれる高周波音が、周りの空間を浄化するとともに、聴く人の
身体や脳に作用し活性化して本来の動きを取り戻すことにより、体調
不良等の改善にも役立つと言われています。

古民家の庭に設置された水琴窟。

小石の隙間を通って瓶の穴から水盆に落ちた水滴が反響して琴のような音が響く。
 
 
水琴窟の残響音は、約1~2秒でこれは、人にとって最も快い長さの
残響音であり、著名なコンサートホールはこの長さの残響音を生む
ように設計されているのだそうです。

説明図はWEB画像から借用。

水琴窟の音色を、生の音で聴いたのは初めてだったが、静かな庭園内で、
耳を澄ませながら、水琴窟の透き通った音色を聴いていると・・・
心と身体が癒やされて、浄化されてゆく気がした。。。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほんとはH?な合歓(ネム)の木 | トップ | I LOVE ヨコハマ DeNA  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
水琴窟の音はきれいな音 (maria)
2016-07-03 18:02:28
水琴窟の音は本当にきれいな音で癒されますよね。
こちらにも二ヶ所水琴窟が有り、初めての方を案内する時は必ず聴いていただいています。
コンサートホールが、、、云々は知りませんでした。
ありがとうございます。
ワビサビ(侘び寂び) (ミウル)
2016-07-03 21:51:10
昨年三月、京都妙心寺塔頭退蔵院を拝観しました。松山大耕副住職は、東大大学院卒業後、父の後継ぎとして仏門に入り、仏教を親しみやすくする工夫をしています。外国人向け座禅の講習会、美大卒の新人女性画家に襖絵を描かせたりなどをテレビで知りました。その庭に、水琴窟がありました。さすが、冬場に水は流れていませんでした。もう一度その時節に訪ねたいです。ししおどし、つくばいなど、日本独自のものは、ワビサビを感じさせます。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事