庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

♪Abe is over

2017-08-17 09:53:58 | 日記・エッセイ・コラム

毎日雨降りで外に出る気もしないので、暇つぶしの遊びで、
昔、欧陽菲菲が歌ってヒットしたラブ・イズ・オーヴァーの替え歌、
Abe is over を作ってみました。

エッ!Abe って誰の事?、それは想像にお任せします(笑)。。

モリ・カケそばでも啜りながら、口ずさんでみると楽しいかもネ?(^_^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Abe is over ( Love is over の替え歌です)

♪Abe is over  悲しいけれど
 終りにしよう  支持がないから

 Abe is over  ワケなどないよ
 ただひとつだけ あなたのため

 Abe is over  みんなうそだと
 いつかは気付く  時が来るから

 Abe is over  泣くな男だろう
 みんなのために 早く辞めてよ

 あんたの疑惑は 忘れはしない
 何と言われても 忘れはしない
 きっとすべてがうそだと 思うから 

 Abe is over あんたはトモダチの
 お守りでいい ずっと心に

 Abe is over  最後にひとつ
 みんなをだましちゃ いけないよ

 うそや詭弁で ごまかさないで
 こんな人たちも そっと見つめて
 きっとあんたにお似合いのトモがいる

 Abe is over  もう終わりだよ
 早く出てって ふりむかないで
 
 Abe is overuh・・・・
 元気でいてね Abe is over ・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年配の人ならだいたい知ってる歌だと思いますが・・・
知らない方や元歌を聞きたい人は、別途YouTube等で
欧陽菲菲のラブ・イズ・オーヴァーを検索して観てネ!

庭のオクラの花と実。

オクラは花も綺麗だし、実も夏場のスタミナ食なので
一粒で二度楽しめる嬉しい植物ですね!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八月の長雨に濡れる庭の花

2017-08-16 10:03:58 | 日記・エッセイ・コラム

止まない雨はないとは言うけれど・・・

昨日からずっと降り続いている雨がまだ止まない。。

この先の予報も、しばらくは雨マークが続いている。

気温も低く、最高気温が24℃と9月下旬から10月頃の気温と
のことで、何とも盛り上がらない夏。

散歩にも行けないので、庭先に咲く八月の雨に濡れる庭の花を
アップしておきます。

降りしきる雨に濡れるアサガオ。

青空が恋しい、ハイビスカス。

雨に濡れて首をうなだれる大輪のアメリカ芙蓉ロコガール。

雨に濡れて、いっそうしっとりとした風情の秋海棠。


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お盆~睡蓮の花

2017-08-15 09:13:58 | 日記・エッセイ・コラム

今年は、曇りや雨続きでスッキリしないお盆です。

気分だけでもスッキリしたいので、お盆にちなんで蓮の花と並んで
仏教に関係の深い綺麗な睡蓮の写真をアップしておきます。

なお、仏教上の「蓮」は、本来は熱帯性の睡蓮だと言われています。

「蓮」と「睡蓮」は違う科目の植物ですが、その清らかな美しさは
どちらも、その花を見る人の心を和ませ楽しませてくれます。 

睡蓮の花言葉は、「清純な心」「甘美」「優しさ」「信頼」「純情」
「信仰」「純粋」「潔白」等です。

花言葉の中にに「信仰」とあるように、仏教と睡蓮は密接な関係を
持っています。

蓮も睡蓮も、水中の泥にまみれることなく美しい花を咲かせます、
辛く苦しい現世の中で、その泥に染まらずに、清らかに美しい花
を咲かせる睡蓮。

私たちも蓮や睡蓮のように生きていきたいものですが・・・

現実はなかなか難しいですね!。。

睡蓮の花。(FC大船植物園にて撮影した在庫写真より)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒蝉(ヒグラシ)鳴く

2017-08-14 09:43:58 | 日記・エッセイ・コラム

二十四節気、立秋の次候(8,12~8,16)は「寒蝉(ヒグラシ)鳴く」です。

隣の森でからは、夏の盛を謳歌するように蝉たちがこの時とばかりに
一斉に鳴きしきっている。

ニイニイゼミにアブラゼミ、ヒグラシに加えて、ミンミンゼミやクマゼミ も
加わって一斉に蝉しぐれの大合唱が始まります。。

最近では、それに加えて私の耳鳴りも加わり、セミが鳴いているのか?
耳鳴りなのか?わけが分からなくなる?場合がある。。。 
困ったものだ。(^_^;) 

それにしても羽化するまで何年も地下で過ごし、やっと地上に出てからは、
ほんの一週間ほどの短い命しか無い蝉・・・

短い命の間に次の世代に命をつなぐため、必死に雌を求めて鳴いている
のかと思うと・・・ 思わず頑張れよ!と言ってやりたくなる。。

主に午前中に鳴くのがクマゼミで、日中の暑い時間帯にうるさく鳴き続け
るアブラゼミやミンミンゼミの声は、暑苦しさが一段と増す様でうんざり。。

いつもお盆頃になると鳴き始めるツクツクボウシの鳴声も、先日から聞こ
え始めた・・・ 

ツクツクボウシの声を聴くと、そろそろ夏も終わりが近いと感じます。

夜明けや夕暮れの時の気温の低い時間帯に、カナカナカナ~ と消え入
るように聴こえてくるヒグラシの声は、一服の清涼剤のようで・・・ 

どこか、去りゆく夏を惜しむような気持ちも感じてしまいます。。 

この蝉しぐれも今が盛だが、季節の移ろいとともに徐々に弱くなり・・・
やがて秋
の虫の音にその座を譲る事になる。。

朝の訪問者?網戸にとまっていたニイニイゼミ。

ミンミンゼミ。

柿の木で鳴きしきる蝉たち。

蝉の羽化ラッシュ?の跡。

最後はベランダの洗濯物のシャツに止まったまま
息絶えていた・・・ アブラゼミ  合掌。。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の夏は「北冷西暑」?

2017-08-13 10:13:58 | 日記・エッセイ・コラム

西日本地方では、相変わらず残暑、猛暑が続いているようですが・・

西日本地方の人には申し訳ないが・・関東から北の地方は、梅雨明け後
も曇りや雨の日が多く、これから先の週間予報もお日様マークが少ない。。

このところ気温も30度に届かない日もあり、涼しくてクーラー無しでも過ご
せる日も多い・・ 

どうやら今年は「北冷西暑」型の夏らしい。。

涼しい夏は嬉しいのだが、曇りや雨の日ばかりでなく・・・

夏はやっぱり、スカッとした夏空に湧き上がる入道雲を観たいですね。。。

湧き上がる入道雲。

夏空に映えるサルスベリの花。

芙蓉の花。

夏空に向かって咲く黄色のハイビスカス。

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加