草花好きのひとりごと

植物の栽培記録など、趣味について記しています。

さくらそうの開花期

2017-04-20 | さくらそう
例年よりも咲き始める時期が遅れていた我が家のさくらそう(日本桜草)ですが、このところの暖かさで急に開花が進んでいるといった印象です。

今シーズンは芽をかなりひどい状態にさせてしまった上に、栽培数も減らしているので、当然開花状況も芳しくは無いのですが、それでも咲いてくれると嬉しいものです。
上の画像は小さな芽で今年の開花は難しいだろうと、他の植物の鉢の隅に植えておいた'八ヶ岳白'ですが、花数は少ないものの開花してくれました。


2014年採種・播種で昨年開花した、野生種のような白花x'白蜻蛉'の交配の実生株の中から一つだけ残しておいた白花です。
花筒も含めて全体が白い花、という点で選んだものですが、既存の品種にもある形質なので、特に価値があるというものでもありません。


2013年採種・播種、2014年開花の、'蛇の目傘'x'南京小桜'の交配実生で、花弁(花冠裂片)の形が気になって残したものです。
私自身としては、これまで咲いてくれた実生花の中で最も気に入っている個体ですが、新たな園芸品種として命名するほどの特徴があるとはとても言えません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実生のヒメリュウキンカ | トップ | 実生のサクラソウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。