*araikumaびより*

2008 1.21~日々の出来事を綴る青い森の住人日記。.:*・゜

帰宅

2016年10月12日 | 日記
酔い覚めの様な気分で

夜明けに仕事が終わる

カラスをおどかしながら うちに帰る


もうすぐこの街のもとに 光が届く

葉書を差し込むように


少しくらいは自分の事 何とかしようと

眠れない朝に出会った


あの街の匂いだ

あの頃に見た空だ



君は今頃 ベッドを起き出す頃だと思う

やっぱり僕らの日々は すれ違ってる


消し忘れのヘッドライトの 車が来る

夜と朝をくぐって


ほんの小さな事ばかりしか 僕には残ってない

自分がどんな奴だったかも 忘れてた


覗く事もせずに



少しくらいは自分の事 何とかしようと

眠れない朝に出会った


あの街の匂いだ

あの頃に見た空だ





ASKAさんの歌は心に沁みます。

10代の頃。友人と遊び歩き一人うちへ帰る途中、自分はこのままで良いのか…自分が向かうべき方向はどこなのか…と自問自答したものでした。

車通りの少ない、人影も無い空気の澄んだ明け方近くに。。。

差し込む朝日を受け、明確な道は見えなくても歩き出さなきゃいけないんだと、不安と力が漲る感覚を覚えました。


そんな自分しか知らない経験を、誰しもが持っているのではないでしょうか。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« リンゴ | トップ | 今日の晩ご飯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL