雪の徒然日記

マンガと小説とアニメと映画が大好き、というかそれしか趣味らしい趣味がない。

角島日帰りの旅

2016-10-30 20:37:33 | 日記


 今日は角島大橋に日帰りの旅。
 唐津市場で美味しいお寿司を食べて満腹にして、いざ角島へ。

 角島は『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景』にて3位に入ったとこになったのだそうで、
 ここ最近TVでよく角島に行く芸能人も出ている。

 私は30代で主人と他界してシングルマザーになってしまった。
 TVでは離婚してシングルマザーが多いとか見かけるけど、そんなに多いのかと疑問になるほど
 周囲ではみなさん、夫婦で暮らしている方が多い。
 そして30代で死別している女なんて私くらいしか周囲にはいない。

 なので、私は人が一生かけて経験してしまうことを、30代で経験してしまったので
 もう一回人生をやり直していると思っている。

 他界した主人は、いつも仕事で忙しい人だったので
 遺影を見ても、墓参りをしていてもお盆が来てもお彼岸が来ても ピンとこなかった。

 ただ、仲良さそうに家族で映画に来ている人たちとか、
 あちらは4人席で食事をしているのに、私は子供と3人で食事をしているときに
 「ああ、いないんだな」ということを痛感させられたくらいだ。

 
 そういう時に寂しいなーと思ったけれど、主人が他界した時に
 一生分泣いたと思ったほど泣いたので、主人の遺影を見て泣くことはなかった。

 けれど、日々が過ぎて、最近になって遺影を見て泣けてしまうことが増えた。
 やっぱり死んでしまったんだなーとか、一緒に見たい景色があったのに、とか
 ふと考えると、泣けて仕方ない。

 親は私が再婚して幸せになれるまで死ぬに死ねないと言うけれど、
 結婚ってそんなに簡単にできるものではないなと思う。

 離婚ならば「あんな人よりもっと幸せになってやる!」と思えるのだろうけれど、
 私にあるのは寂寥感しかない。

 あとは子供たちに迷惑をかけたくないので、元気なうちにぽっくりいけたらなーとか
 思っていることくらいだ。

 だから、「死ぬまでに見たい絶景」の角島に行って、また主人のことを考えてしまった。
 
 生きて巡り合える人ってなんて大事なんだろう。
 どうせならもっと優しくなりたいし、優しい人に巡り合いたい。
 貴重な人生の一部なのに、時として神様は「こんなヤツとどうして出会わないといけなかったんだ!」と
 思うような人とも出会うようにしてくれる。

 だけど、嫌な奴が笑って暮らしているのに、自分が泣いているのは嫌だ。
 だから、死ぬまでは頑張って笑って生きてやる。そんなことを思いながら、微妙な味のワカメソフトを私は食べた。



 
 


ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『マネキン』 DVDになっ... | トップ | 『インフェルノ』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事