雪の徒然日記

マンガと小説とアニメと映画が大好き、というかそれしか趣味らしい趣味がない。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ほぼほぼ」という言葉に老いを見つめる

2017-11-16 00:07:49 | 日記

久しぶりの日記。

職場で30歳のとある女性が「ほぼほぼ」を連発するので、
正直イラっとしてしまう。

「ほぼ」でいいだろうにと思うんだけども、
子供たちにそれを言ったら「色々とか、そもそもとかあるじゃん」と言われ、
「あ、そうかー」と納得。

ようするに年齢のせいもあってか「新語」みたいなものを
受け付けたくないものが私の中にあるのだろう。

私も立派な中高年だものなー。

漫画を読んでいても
「君に届け」とか途中まで読んでいたけど、
ここ数年は「早く終わればいいのに」と思っていたので、
そのあたりの心理も立派に「おばちゃん」なんだろうなあ。


きっと明日も「ほぼほぼ」「ほぼほぼ」という台詞に
イラっとして自分の中の老いを見つめることになるのだろうなあ。
ああ、嫌だなあ(苦笑)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『永遠の女神 RIKO』 柴田... | トップ | 久しぶりの京都 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事