久しぶりの丹後半島








20年ほど前になる。
京都府の与謝町の庄屋さんから (今度自宅の所に道路が出来るから立ち退きになるもんで、図面を描いてくれんか?) と、依頼が有り。
ちょっと変わった物件が完成した。
そこに出入りしていた銀行の頭取さんから、「うちも今度改修を」と、工事の依頼が有った。
凄く気に入ってもらったようで・・・・
そんな繋がりか?
「あれから随分たち、今度改修したいから出向いてもらえんかな?」
頭取さんの自宅は、舟屋で有名な丹後半島の伊根町。片道二時間掛かる。
電話がかかって来た時、とても忙しく、また、伝統的建築物群保存地域に指定されている伊根町だ、
改修に当たり役所に諸手続きを行わなくてはいけない。その手続きに舞鶴まで通わなくてはいけない。
そんな訳で、「申し訳ありませんが」と、断った現場で有ります。
そんな事も有り、お詫びの挨拶も兼ねて行って来ました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 瑞風に遭遇 秘密基地改修 ① »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。