30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

速報:「金袋山のミズナラ」に会い行ってきました

2009-06-21 | 登山

このタワ尾根の落葉広葉樹の森はお勧めです。こんな森が奥多摩に残っていたなんてうれしいですね。「ここの新緑や紅葉のころはすばらしいな」と、この秋に再訪するぞと自分に約束するほどでした。

きのうの梅雨の晴れ間を逃す手はなく、奥多摩のタワ尾根を歩いてきました。タワ尾根の登山道は私が持っている「山と高原地図2004奥多摩」には記載されていません。

なぜタワ尾根なのか。そこの1150㍍付近にミズナラの巨樹があると聞いたからです。「金袋山のミズナラ」といわれています。

うかつでした。奥多摩はほとんどのコースを歩いていると自負していましたが、あるんですね。考えれみれば当たり前のこと。私が歩いてきたのは広大な山域の一部にすぎません。

すばらしい自然林が残っていました。杉の植林ばかりが目につく奥多摩に、そこに身を置くだけでわくわくするような落葉広葉樹の森が広がっていました。ミズナラの巨樹までの登山道は明瞭でしたが、その先は踏み跡が薄くなります。



その「金袋山のミズナラ」です。幹回り7㍍50㌢だそうです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最悪の収量だったジャガイモ | トップ | ニンジンは姿も形も合格だ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む