30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

レタスは芽出しをしてから

2017-04-21 | リーフレタス

キジが増えた。やたらいる。いまの季節、ケーンケーンと四方八方から鳴き声が聞こえ、目をやるとキジの姿を簡単に見つけることができる。平気で畑や田んぼをうろうろしている。ニワトリみたいだ。きのうのウオーキングではつぎつぎと4羽を目にした。すべてオスだった。メスはまれにしか姿を見せない。

リーフレタスのタネをまいた。直まきすると発芽率はよくない。たいがいうまくいかない。そこで芽出しをしてからまくようにしている。これだと間違いなく発芽するから、いつもこの方法でタネをまいている。タネは小さい。つい多めにまいてしまう。芽出してからまくと、これでもか多く発芽してくるから扱いに困るほどだ。

レタスの芽出し方法は、ホウレンソウのそれと同じやり方である。
1、タネを一昼夜水に漬けて、ペーパータオル(布切れなど)の上で水切りをする。
2、タネを包んだペーパータオル(布切れなど)をさらにビニールに入れて冷蔵庫の野菜室に入れる。
3、1、2日すると発根してくる。これを畑にまくのだが、パラパラとまいたら、土をかぶせることなく軽く抑えるだけでいい。
これで完璧だ。


     
    気まぐれ山旅リポート ようこそ!ビッグファームへ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トマト苗を購入したら | トップ | 不揃いのジャガイモの出芽 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む