30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

ソラマメの自家採種

2017-06-14 | ソラマメ


畑に放置していたソラマメ。採種は黒く充実したものを選ぶ
サヤを割ってタネを取り出し天日で乾燥させる

菜園の6月は雑草取りに追われる。雨が降るたびに雑草もぐんぐん伸びてくる。もくもくと取り除かないといけない。

こんなわけだから、遊んでいても気になるのは菜園だ。九州のくじゅう連山の山登りにたった4日間留守にしただけなのに、帰ると多くの作業が待っていた。

きょうはソラマメの自家採種。タネを採取するため畑に放置していた。サヤが黒くなり、カサカサに乾燥している。これを摘み取る。サヤを割ってタネを取り出してさらに天日に干す。カラカラになるまで乾燥させてから保存する。

このタネを10月末にまくのだが、ソラマメのタネの寿命は3年ぐらい、と農家の人に教えてもらったから、無理に全部使い切ることはしない。ためしに3年前のタネをまいたところ確かに発芽した。こんなことを知っているとなんか得した気分になる。

サヤからタネを取り出して保存しているが、これも農家の人に聞いたのだが、サヤのまま乾燥させて保存する人もいて、こうすればタネの色があまり変わらず売り物にするにはこのほうがいいとか。

今回採種した分を含めてわが家には3年物、2年物がまだだいぶ残っている。大事に保存貯蔵している。


     
    気まぐれ山旅リポート ようこそ!ビッグファームへ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017ミヤマキリシマ咲き誇る... | トップ | ことしもトウモロコシの小動... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む