30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

2017梅仕事ー濃縮しそジュースづくり

2017-07-14 | 梅仕事



2017梅仕事
6月17日=梅干し(塩漬け)
6月19日=梅ジャム
6月28日=梅酒
7月5日=梅干し(赤じそ漬け)
7月13日=濃縮しそジュース
8月23日=梅干し(土用干し)
8月22~23日=ゆかりと赤梅酢
8月26日=赤梅干し完成
8月26日=濃縮しそジュース


7月13日、この夏も濃縮しそジュースを作った。色が鮮やかで透明感があり、美しく清涼感にあふれて夏の飲み物になる。

7月5日に梅干しの赤じそ漬けを行った。その前日、栽培している赤じその葉を700グラムぐらい摘み取った。これだけで赤じその役目が終わったとなるとなんとももったいない。赤じそは摘み取った後にまた生長して葉を茂らせる。これでこんどは濃縮しそジュースを作る。

7月4日に摘み取ってから10日ほどでまた葉が大きくなってきた。1回目の赤じそジュースを作ることにした。

濃縮しそジュースだけに、水3カップに赤じそをなんと1キロ入れて煮出す。はじめての人は赤じその葉1キロがどれほどの嵩があるか見当がつかないだろうが、わたくしは昨夏に作っているだけに、たぶんこれぐらいだろうと摘み取り、帰ってから量ると1.2キロであった。すばらしい勘だと自画自賛。

濃縮しそジュースの作り方は、梅干しとおなじく藤巻あつこさんの著書を参考に、その通りに作っている。

ことしもそうだ。3カップの水と1キロの赤じそから、濃縮ジュースが4合瓶で2本弱できた。

⇒作り方は昨年の手順を、参考までに


     
    気まぐれ山旅リポート ようこそ!ビッグファームへ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トマトは大玉8株とミニ4株で... | トップ | エダマメが豊作だ、とにかく... »
最近の画像もっと見る

梅仕事」カテゴリの最新記事