30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

リハビリ山行は八ツ・赤岳(2)ーこの大観、すべての山が

2009-09-09 | 登山

コース&タイム
9月6日(日)
我孫子駅6:01=6:57新宿駅(あずさ3号)7:30=9:51茅野駅10:20(諏訪バス)=11:12美濃戸口11:30(南沢)-12:30美濃戸12:40ー15:10行者小屋(テント泊)
9月7日(月)
行者小屋・テント5:30(地蔵尾根)-6:25主稜線合流ー7:10赤岳・北峰ー7:20赤岳・南峰8:00(文三郎尾根)ー9:20行者小屋10:50-11:20赤岳鉱泉ー12:40美濃戸13:20ー14:15美濃戸口14:56(諏訪バス)=15:48茅野駅16:20(あずさ26号)=18:36新宿駅=19:41我孫子駅

2日目(1日目→
テントの中は寒くてたびたび目が覚める。4時15分起床。空には月と星が輝く。明るくなるのは4時50分ごろ。急にスーと明るくなった。八ツの山並みが姿を見せた。ガスはすっかり消えて、すべて見える。期待したとおりの展開だ。それ急げとばかり食事を済ませ、5時30分にテントを出る。頂上には7時半には立つことができるはずだ。ちょうど阿弥陀岳の頂上が日の光で輝きだした。

地蔵尾根に取りつく。しだいに急峻になってくる。八ツはどこも急峻だ。それに岩山だ。はしごと鎖の連続になる。道は完璧といえるほど整備されている。だから慎重にいけば問題はない。

途中振り返ると北アルプスが横一線に勢ぞろい。思わず足を止める。写真は少しぼんやりしているが、肉眼でそれはそれははっきりと。何度も見慣れた風景だ。やはり気持ちがいい。朝早いだけに空気が澄んでいっそう鮮明だ。これで今日の大展望は保障されたされたようなもの。そのことがなによりうれしく、「頂上からの展望はすごいことになるぞ」。

はしごと鎖で岩壁を登り、一時間足らずで主稜線に出る。分岐にお地蔵様。安全を祈願する。天から声が聞こえてきた。
「BIGFARMさん、お待ちしていました。八ツの山の神です。船形山の山の神から歓迎するように頼まれました。彼女とはどんな関係か知りませんが、すごく気をつかっていましたよ」
「彼女は山の神ですから男女の仲になろうとしてもできません。長い付き合いですから、きっと友情で見守ってくれているのでしょう」
「歓迎のしるしがこの天気です。病み上がりとか。どうぞ気をつけて存分に楽しんでくださいね」
船形山の山の神にまで気を使わせてしまったようだ。こんな能天気な思いをしながら、頂上までもうひと踏ん張りだ。

八ツの山の神が用意してくれたこの一片の雲もない青空。まずは見えている天望荘を目指す。 

天望荘を過ぎるとまた鎖の連続になる。途中で天展荘を見下ろしながら北を振り返る。八ツは南北に走る。赤岳から北に向かって、横岳、硫黄岳、天狗岳、そして北端に蓼科山を望むことができる。うーん、たまらないね。

7時10分。コースタイム通りに山頂・北峰着。山頂は南峰と北峰の2峰からなる。北峰から南峰を見る。三角点と山頂標識は南峰にある。

やはり素晴らしい壮大な景色が広がっていた。四方八方、すべての山が姿を現して私を迎えてくれた。皆さんごきげんよう。早起きしてきてよかった。南峰の向こうは南アルプスだ。

ちょっと歩いてここは山頂の南峰。展望に上機嫌のBIGFARM。顔を見せないと忘れ去られるからたまには控えめにちょっこっと登場。白頭を帽子で隠して。

南峰からは、八ツの南に走る山並みを眺める。権現岳、ギボシ、そして編笠山へと続く。その背後には南アルプスの山々がずらり。いやあ、すごいのなんのって。目立つ3つのピークは右から仙丈、甲斐駒、北岳。

こんどは北八ツに目を転じると、さきほどの眺めの再現だ。

ここまでコースタイム通りに来た。帰りの時間までたっぷり余裕がある。見慣れた展望でも、いつも夢中になる。水を飲み、食事をするよりも、この展望に釘づけになった。食事どころではなく、北から順にぐるっと山座同定を楽しむ。あっというまに8時になった。この時刻に下山する予定でいた。もっとゆっくりしてもよかったのだが、早めに下山しよう。山頂には40分いたことになる。

下山は文三郎尾根を下る。鎖の連続だ。正面に阿弥陀岳。その背後に、こんどは右手に木曾御嶽、左手に中央アルプス。もう満腹。満腹だ。

下山していると赤岳から日が昇った。

無事に行者小屋に戻り、すぐにテントを撤収。それから行者小屋のベンチでゆっくりする。こんなのんびりした山行なんてはじめてだ。時間に余裕があるので帰りは赤岳鉱泉から北沢を歩いた。北沢のきれいな流れに思わず休憩。見上げると青空は続いている。

八ツはあいからわず若い人が多いから歩いていても気分がいい。中高年ばかりだとうんざりする。それだけに若い人を見るとつい声をかけてしまう。若い女性ならなおさらだ。若いころ、八ツは憧れだった。山口耀久著「北八ッ彷徨」の世界にあこがれた。 

病み上がりの山行なのにテントを担いで大丈夫だろうかと心配したが、無事に下山できた。案外快復しているなと思わせてくれた。ところが帰宅するとさすがにどっと疲れが出た。まだ当分は自重しなければならない。それでも山を歩けてほっとしている。

 

  

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リハビリ山行は八ツ・赤岳(... | トップ | そうだ東北の温泉、行こう »
最近の画像もっと見る

あわせて読む