30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

谷川岳ー馬蹄形を半周(2)

2012-08-06 | 登山

蓬峠からの道は長く感じた。一ノ倉沢まで遠かった。
このあと突然の大雨に襲われたが、ここまでくればもう安心だ


山行日 2012年8月1日~l2日 1泊2日テント泊
天気 1日晴れ 2日晴れ夕方雷雨
山域 谷川連峰
メンバー 単独
コース&タイム
8月1日 我孫子駅 4:42=5:16上野駅5:43=7:27高崎駅7:45=8:48水上駅8:57=9:17谷川岳ベースプラザ・ロープウエー駅=天神平駅9:45-10:30熊沢穴避難小屋-11:40ザンゲ岩11:50-12:05肩の小屋12:10-12:20谷川岳トマノ耳12:40-12:50オキノ耳13:20-13:30奥の院-13:55ノゾキ-14:40一ノ倉岳14:50-15:15茂倉岳15:30-15:40茂倉岳避難小屋(泊)

8月2日 茂倉岳避難小屋5:05-5:20茂倉岳5:35-7:25武能岳7:40-8:25蓬峠8:35-8:50水場-9:45白樺小屋9:55-11:55JR見張小屋・虹芝寮12:25-13:20一ノ倉沢13:40-14:10マチガ沢-14:45谷川岳ベースプラザ15:16=15:20土合駅15:31=15:43水上駅(雷雨により車内で2時間30分待機)=代行バスで渋川駅=我孫子駅


2日目である。1日目は暑さと重荷でばててしまい、目的地である蓬峠のテント場まで行けず、手前の茂倉岳避難小屋に泊まることになった。これで、2日目に朝日岳、笠ケ岳、白毛門を経て土合橋に下山することは時間的にも体力的にも無理であきらめざるを得なくなった。馬蹄形縦走は意気込みは十分だったが体力がついていかなかった。2日目は茂倉岳、武能岳を経て、蓬峠からは土合駅を目指すことにした。


4時前に起床した。茂倉岳避難小屋は快適だった。ここならもう一度泊まりにきてもいいくらいだ。同宿の高校生は行儀がいい。これから先どのような人生を歩もうとも、たとえいっとき山をやめざるをえないときがあっても、山への気持ちを持ち続けてほしい。きっと自分に山があってよかった、と思うときがかならず来るはずだ。おのれの人生を振り返りながら、そう願う。

朝食の準備だ。小屋の外に出て天気をたしかめる。稜線に雲はない。よしっ、とご機嫌になり小屋に戻った。高校生たちも先生の指導で朝食だ。この高校生たちも馬蹄形縦走できょうは清水峠の避難小屋に泊まり、あした下山するという。

5時5分。笹の原が続くため最初から雨具のズボンをはき、「気をつけてね」と若い人にあいさつして一足先に小屋を出る。起き出したときの風景は一変してガスにつつまれていた。茂倉岳まで登り返した。西へ続く仙ノ倉への稜線はガスの中だ。この天気だとまもなく晴れるだろうとしばらく待つ。15分ほど山頂で待ったが西方面のガスは晴れなかった。

きょうはショートカットするからといっても、あまりのんびりしてはいられない。きょうもまた日照りと重荷にきっと苦しめられるはずだ。それにしてもテントはとうとう使わずじまいだった。こんなこともあるよな。山の体は山でつくれというからきょうは試練だな、と自分を納得させるしかなかった。

さあ出発だ。まずは武能岳を目指す。北方面はガスがしだいにとれてきた。逆光だからまだだ朝の湿った大気の中でぼんやりしている。

きのうは歩くだけで精一杯であった。好き花を撮る余裕などなく、「花はあしただ」と自分言い聞かせて歩いた。よほどつらかったのだろう。きょうはせっかくだからできるだけ撮りながら歩こう。谷川岳の高山植物の豊かさにあらためて驚いた。谷川岳の花ってこんなによかったか。夏の谷川岳には痛い経験があるだけに目を疑った。自分でいうのもなんだが、これまで全国のお花畑を見てきた。それも最盛期にぶつかるという強運の持ち主だ。だからお花畑にうるさい。お花畑には目が肥えている。そんな自分がいうのだから間違いない? トマノ耳、オキノ耳から先の稜線は茂倉岳までお花畑の連続だった。百花繚乱状態だ。そのとき面倒がらずに撮っておけばよかったといまさらながら思う。とくにシモツケソウとハクサンフウロのピンクが目立った。きょうの武能岳へ続く稜線もそうだった。どちらかといえばきのう歩いた稜線のほうが豊かだった。まめにカメラを向けたつもりだが、ここに載せたものはたぶん目に入った花々の何十分の1にも満たない。 

 
  
  
  
  
  
  
   

 武能岳への稜線が見てとれる。なかなかいい眺めだ。


きのう同様に谷川岳を離れてから北方面の道は静かだ。きょうも人っ子ひとりいない、と思ったら、武能岳から降りてくる人が目にはいった。ちょうど鞍部ですれちがった。昨晩は蓬峠のテント場で一人だけだったという。わたしが予定通り歩いていたら昨晩会っていた人だ。

7時15分。歩いてきた道を振り返る。西方面もすっかり青空が広がっている。喜んでばかりはいられない。きょうもきびい日差しとの戦いになる。目を凝らすと避難小屋で一緒の高校生グループが下ってきているのを見つけた。右に茂倉岳、左に一ノ倉岳、その左が谷川岳。

武能岳山頂。茂倉岳を5:35に出て7:25着。やはり歩みはきょうも遅い。そうそう、ここまでの道は細く、草や木に覆われているから歩きにくい。ストックでよけながら歩くのだが谷川の岩は滑りやすいから一時も気が抜けない。



山頂から蓬小屋が見える。その後ろには鋭鋒の大源太山。北東に目を移すと、清水峠の送電線の監視所も見える。



さらに東には朝日岳、笠ケ岳、白毛門が逆光の中だ。本来ならあそこあたりを歩いているんだな、と今になっても未練がましい別の自分がいる。

蓬峠に向けて笹原を進む。



蓬ヒュッテが見えてきた。手前に土合への道が分かれているが、直進してヒュッテまで行ってみた。管理人はいなかった。



早々に腰をあげて土合への道に入る。蓬峠から土合への道は初めて歩く。ここも細い道が続くのだ、やはり草が道にかぶさって歩きにくいったらなかった。そう感じるのは疲れきっていて、足の運びが思うようにならなかったからだろう。



蓬峠の南にある水場。15分ほどかかる。水量は豊かだった。上部には雪渓が残っていた。雪解け水である。


きょうも日差しが強い。午前中だから、東の太陽がこれでもかと私を焦がす。あきらめたはずの東の山並みがどうにも気になる。

白樺小屋。休憩を取ろう。くたびれ果てている。ここからJR見張小屋までは亀さん歩きになった。いや亀より歩みが遅くなった。このすぐ先に新道と旧道の分岐がある。新道を左に取る。

ブナの林に立ち止まることもなく、よたよた進んで行く。



やっとだ。やっとJR見張小屋に着いた。

この小屋の前でへたり込んでいたら声をかけられた。一ノ倉沢見物のハイカーだった。「この建物のうしろにコウシリョウという由緒ある山小屋があるのを知っていますか」。

JR見張小屋の左側に「この先は行き止まりです」という立て札がある。関係者以外敷地内に入るなということだろう。しかし、谷川では由緒ある山小屋だ聞いたら見たくなるものである。

細い道を進むと建物が現れた。けっして古くはない。「虹芝寮」とある。建物正面に説明板があり、持ち主は成蹊学園であった。虹芝寮は谷川岳芝倉沢ちかくに1932年完成した当時の成蹊高校の山小屋で、1978年に解体再建した、とある。

侵入者は建物をひとまわりした。水も近くまで引いていた。山と高原地図を見るとたしかに記されていた。私は知らなかった。教えてくれたハイカーに感謝した。 

新道を行くと、一ノ倉沢への分岐があった。さてどうするか。寄り道することにした。疲れきった体に鞭を入れて急坂を上る。旧道に出た。左に行くと一ノ倉沢だ。さすがに腹が減った。正面に座り込んでむしゃむしゃ食う。 

いまの時期は谷川岳ベースプラザから一般車は通行止めだ。家族連れのハイカーが岩壁を背に記念撮影している。大型ザックを背負っている人などいない。わたしも撮ってもらった。いつのまにか稜線上はガスに包まれている。急に天気が悪くなった。

さよなら。会えるはずだった笠ケ岳と白毛門に。

マチガ沢手前あたりからぽつぽつと雨が落ちてきた。これでやっと日照りから解放された。いい気分だ。こんな雨なら大歓迎である。お天気雨だろうと高をくくっていた。向こうから来たハイカーは戻ろうかどうか心配していた。
小雨がよもやの大雨になった。ざあざあ降りになった。突然だ。大雨になるなんて思ってもみなかったから雨具を取りだすのが遅れた。すっかり濡れてしまった。雨具さえ着ればこっちのものだが、ハイカーはどうなったのだろう。ほとんどの人が雨具を持っていないようだった。

大雨のなか谷川岳ベースプラザに着いた。土合駅まで歩いて15時31分に乗りたい。この雨の中を歩くのはつらい、15時16分のバスがあった。発車時刻になると雨は小ぶりになっていた。土合駅までのバスの乗車時間は3分ほどだがこれを利用した。土合駅は懐かしかった。何十年ぶりだろう。

いったん小雨になった雨だが、水上駅に着くころに再び激しくなった。雷だった。大雨になった。定刻になっても発車しない。電車は運転を見合わせるという。なんともついていない。手持ちの酒を飲み干し、ビールを買いに売店に走った。すでに発車時刻から2時間30分もたっている。きょう中に家に戻れるかしらと心配になった。渋川駅まで代行バスを走らせるという車内放送があり改札口を出て並ぶ。なんとか帰れそうだが、なんか難民になったような気分だ。今回の山行は心と体の歯車がどこまでもかみ合わないままだった。年寄りの病みあがりなんだからもっと自重せよ、ということなのだろうか。


         

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 谷川岳ー馬蹄形を半周(1) | トップ | こんどはトマトとモッツァレ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む