30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

トマトは大玉8株とミニ4株でこれだけの収量

2017-07-13 | トマト

トマトは7月3日に初収穫して以来、一日おきにもぎ取っている。

野菜の収量は、時間の経過とともに山型のカーブになるのが一般的だ。旬の盛りに向かって増え、盛りを過ぎれば収量は次第に減っていく。トマトにだってその傾向はあるのだがカーブは緩やかで、終盤は別にしてそれまでは一定の収量が続くようにみえる。

トマトは順次、花房ができて実がなる。赤く熟してくるのは第1花房からとなる。必ずしもその順番となることもないのだが、花房ごとに実が熟してくるから、収量もほぼ一定してくるのかなとも思う。

毎年同じことが繰り返されている。いまごろになってなぜそんなことにふと気を取られるのか不思議だった。

トマトの栽培株数は、毎年同じで大玉8株とミニ4株。数えたことがないからどれくらい収量があるのか分からない。ことしはたまたま収穫時に写真を撮ってきた。こんなものである。2人暮らしには十分すぎる量がある。

7月13日(7月14日追加記載)


7月11日


7月9日

7月7日


7月5日


7月3日


     
    気まぐれ山旅リポート ようこそ!ビッグファームへ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食べ飽きてこの夏のトウモロ... | トップ | 2017梅仕事ー濃縮しそジュー... »
最近の画像もっと見る

トマト」カテゴリの最新記事