30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

南アルプス・鳳凰三山=速報その1

2007-09-23 | 登山

この夏に登山靴のトラブルで 計画を取りやめた南アルプス・鳳凰三山。21、22の両日、一泊二日でテントを担いで歩いてきた。コースは夜叉神から入山して御座石に下山する。予定では22日から 24日の3連休の間にと計画していたが、天気予報を見たら3連休の1日目はいいが、2日目と3日目が良くない。それならというので3連休の前日の21日に 出た。この判断がずばり当たった。21、22の両日とも快晴にめぐまれた。今日23日現在の山梨の天気予報を見ると23、24日とも雨である。真っ青な空 の下、稜線からの展望を満喫できた。ルンルン気分での縦走であった。うまくいったとほくそ笑んでいる。今回も多くの人との出会いがあった。それは「山旅日記」のほうに詳しく書くことにして、ブログでは写真を中心に速報の形で簡単にまとめてみた。

9月21日(金)我孫子5:41=新宿7:00(あずさ1号)=8:30甲府9:30(山梨交通)=10:40夜叉神峠10:50ー11:50夜叉神峠小屋12:05ー13:25杖立峠ー15:15苺平ー15:50南御室小屋(テント泊)

21日(金)家を5時20分に出る。今回もテントだ。ザックの重さにはこの夏の2回のテント山行で慣れた。それに今回は1泊2日だから少しは荷が軽い。

新宿7時発の「あずさ1号」で8時30分甲府駅着。駅前の「広河原、夜叉神」行きのバス乗り場。平日だというのに登山者の行列。驚いた。バス停に一 番乗り。私の青の大型ザックが目立つ。この行列を見渡したところテント山行は私だけのようだ。9時30分に出発。バス2台になった。

夜叉神登山口に10時40分着。一カ月前にここを通ったばかりだ。下車したのは3、4人。ほかの人は皆さん広河原に向かう。登山口で水をくんで10時50分出発。この日は自分でも不思議なほどの快調。テント山行のザックの重さに体が慣れたのかもしれない。
一時間ほどで夜叉神峠小屋。目の前に期待通りの光景が広がる。ここの売りは白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)の展望。それが目の前に。南アルプの南部の山々も見通せる。あの稜線をつい一カ月前に歩いたのだと思うと感慨も一入だ。心が弾むのを感じる。

今日はテント場のある南御室小屋まで。道がいい。この夏の2回の山行と比べると天と地ほどの差がある。緩やかな登りで,歩き安い。しかし登山道は林の中を行くので西側の白峰三山の展望は遮られる。なんとももったいない。

真っ青な空。この夏は遅くまで暑かった。落葉松の黄葉はいっこうにすすまない。

 昼を過ぎると雲が出てきた。山の展望は朝の早いときに限る。

南アルプスの南部の山々、悪沢岳、上河内岳、笊ケ岳も見えるのがうれしい。この夏は笊ケ岳がどこからも見えた。やはり笊ケ岳を歩こうかなと思う。


この日は快調だったのだろう。ザックの重さを苦痛に感じることがなく、コースタイムより早く、15時50分にテント場の南御室小屋に着いた。

南御室小屋の隣りにテント場がある。今日は私ひとりかなと思っていたら5時過ぎに20代の若い男性がやってきた。結局はテント組は2張りだけ。テン トに入ると自分だけの世界。だれにも邪魔されない。あしたが本番だ。暗いうちに起きて歩き始める。6時には寝てしまった。あしたはこの縦走のハイライト。 薬師岳、観音岳、地蔵岳の三山を歩く。この場を離れたくないよ、と言いたくなるほどの素晴らしい展望が待っていた。

つづく

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それはないよ、先生 | トップ | 南アルプス・鳳凰三山=速報... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む