30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

トマト苗を購入したら

2017-04-18 | トマト

買ってきたトマトの4連結の苗

3.5号のポリポットに植えかえて、一番花が咲いてから植えつけている

トマトは、家庭菜園では夏季限定の栽培になる。夏が終わればトマトは買って食べている。いま食べているトマトがまずい。かみさんが安いのを買ってきたからか。魚臭いのもある。食べられたものではない。味の好き嫌いにはかなりの個人差があるのは分かるが、かみさんはこれを平気で食べているから、わたくしの舌に問題があるのかと疑ってしまう。もともとトマトは嫌いではないがすすんでは食べようとしない。それは嫌いってこと?

トマトの苗を買ってきた。野菜は種から育てることにしているが、4月から5月初めに出回る夏野菜のタネは冬にまく。加温施設がないと育てることができないから買うほかないのである。過去に1、2度、炬燵の中で育苗に挑戦したことはあるのだが。

トマトは大玉8株とミニ4株と毎年決まっている。購入した苗は4連結のセルトレイに入っているもの。税込みで220円。1株当たり55円でこれが一番安い。かみさんひとりが食べる分には、これだけの株数があれば、十分すぎるほど夏のあいだ取れる。

すぐには植えつけない。面倒だがひと手間かける。3.5号(10.5㌢)のポリポットにひとつひとつ植え替えて、一番花が咲くまでポットで育て、それから植え付けている。

それにトマト栽培には雨除けの資材が必要だ。粗末なトマトハウスを建てるにも手間がかかるのだがやるしかない。そろそろ準備だ。


     
    気まぐれ山旅リポート ようこそ!ビッグファームへ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラッカセイに大粒「おおまさ... | トップ | レタスは芽出しをしてから »
最近の画像もっと見る

あわせて読む