30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

しびれを切らしての蓼科山登山

2009-08-13 | 登山

 

蓼科山から八ケ岳連峰を眺める

やっと夏山を楽しむことができた。山頂に立つと、夏らしい空のもと、横一線にアルプスの山々が勢ぞろいした。「こうでなきゃ」とやっぱり気分がいい。

というのもこの夏は不順な天候が続いて山を楽しむことができなかった。楽しみにしていた夏山登山はことごとく計画だけが残った。それ以上に出かけられないイライラした気分が残った。梅雨明けが早かっただけに期待していたのにその後は雨続きだった。それだけに欲求不満で、この悪天が癪にさわった。その気分をだれにぶつけるわけにもいかない。しびれを切らしてもどうにもならない。

今年の夏山の最初は、足慣らしをかねてテントをかついで八ケ岳を予定していた。新橋の金券ショップで茅野駅までの安売り切符も買っていた。いつでも出かけるように大型ザックに装備を詰めていた。ところが、週末になるときまって天気が悪くなる。今年の夏山は半ばあきらめかけていた。

かみさんが蓼科山に行くという。夏山を楽しまないままに終わらせてしまうには、なんとも心残りだ。一緒に出かけることにした。日帰りだというのに用意していた約20㌔の大型ザックを「体慣らし」のために背負うことにした。台風一過で天気予報はいい。ところが登山口に着いたらガスで展望はまったくない。この夏はどうもついていないなとひとりぼやいた。

そのガスの中から天気予報通りに青空が見えてきた。一気に青空が広がった。この夏は天気予報をうらめしく思っていただけに、やっと当たったなと。頂上に着くころは最高の天気になった。そうなると展望である。八ケ岳連峰はもちろんだが、南、中央、北アルプスの峰々が夏雲の中に浮かんでいる。なんど見てもいい景色だ。「なんか、やっと夏山を楽しめたな」。久しぶりに大型ザックを背負ったのでさすがにばてたが、この展望を見れば疲れも吹っ飛んだ。

【山行日】2009年8月12日(水)日帰り 晴れ
【コース&タイム】
4:30我孫子の自宅=柏IC=常磐道、外環、関越道(上里SAで30分休憩)、長野道=7:00佐久IC= 蓼科スカイライン=8:00大河原峠8:10―9:30蓼科山荘―10:10山頂11:20―11:55 蓼科山荘12:05―13:05天祥寺原13:15―14:15大河原峠14:35=佐久IC=長野道(横川SAで休憩)、関越道、外環、常磐道=柏IC=18:10我孫子・自宅

遠くに穂高連峰と槍ケ岳を眺める

  


この記事をはてなブックマークに追加