30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

速報 釈迦ケ岳のシロヤシオ(6月7日)

2008-06-08 | 登山

先月22日の「丹沢三峰」のシロヤシオの感動が忘れられず、きのうの7日にまた会いに行ってきた。今度は栃木県の高原山の主峰・釈迦ケ岳。ここの剣ケ峰から大入道の間のシロヤシオが素晴らしいと聞いている。咲き具合をネットで調べたら、釈迦ケ岳の地元の「矢板岳友会」の山行報告を見つけた。

■大入道・縦走
《山行日》5/28《参加者》小林《要約》高原山山塊!大入道!!花の回廊を歩いてきました。今年は数年に一度の花の大当たりで、息つく暇の無いほど、素晴らしい景観に圧倒されてきました。

これを読んでしまっては落ち着かない。こうなったら行くしかない。ただ心配があった。この報告は先月の28日。それから10日が過ぎていた。しかしこれは杞憂だった。シロヤシオばかりではない、この日は次いでヤマツツジの大群落、そして最後はレンゲツツジが次々とその美しさを見せてくれた。これら花の三重奏にすっかり魅せられた一日だった。

まずはシロヤシオ。まさに上記の「矢板岳友会」の山行報告どおり、剣ケ峰から大入道の間は“シロヤシオの花回廊”であった。素晴らしいとしかいいようのない世界であった。白い花に彩られた清らかなでさわやかな道だ。こんな道があったんですね。



次はヤマツツジ。大入道で「これでヤシオツツジとはお別れだ」と小間々を目指して下り始めると視界いっぱいに赤いものが広がる。これがヤマツツジの大群落だった。予想していない展開だけにただただ驚く。シロヤシオにつづいての見渡すかぎりのヤマツツジにぼう然とする。笹と新緑が一層のその赤を引き立てる。上記報告の後に咲き始めたようだ。大当たりの年に巡り合わせた。こんないい思いができるんだね。 

そして最後は大間々台のレンゲツツジ。こちらの見ごろは来週のようだが、こちらも視界一面レンゲツツジの花で埋め尽くされている。なにか心はずむ一日だったよ。

-------------------------------------------------------------
BigFarmの山のページ
気まぐれ山旅リポート  


この記事をはてなブックマークに追加