30坪+20坪の菜園

BIG FARMの農事日誌です。

奈良倉山からオオマテイ山=速報その1

2007-11-18 | 登山


きのう17日の土曜日は、大菩薩連嶺の東端に位置する奈良倉山からオオマテイ山を歩いてきた。心なごむ晩秋の一日だった。この秋最後の紅葉を求めて静かな山をのんびりと歩いてきた。

東京近郊の山々にも紅葉前線が駆 け足で下りてきた。この秋は紅葉が遅いといわれながらも、朝夕の冷え込みを感じるようになった昨今、さすがに例年どおりに戻った。「この秋の紅葉もそろそ ろ見納めだ」。この秋最後の紅葉を近場に求めた。来週あたりだろうなと狙っていたのだが、平年どおりだというから、今週に前倒しにした。天気も快晴のマー クだ。

【コース】我孫子5:33=5:46新松戸5:51(武蔵野線)=6:46西国分寺6:55=7:22高尾7:26=7:55上野 原8:28=9:30鶴峠9:35ー10:50奈良倉山11:10ー11:20林道ー11:50松姫峠ー12:15鶴寝山12:25ー13:20オオマテ イ山13:30ー13:50大ダワ14:00ー15:25小菅の湯16:30=17:50上野原17:56=18:33高尾(特快)=19:27神田= 20:12我孫子

【情 報】
1、登山口となる鶴峠や小菅の湯には上野原駅から富士急バスが季節運行(12月9日まで土日祝日)している。このバス便があるからこそ行ける。
2、紅葉は稜線の1300㍍から1400㍍ではすでに落葉している。1100㍍前後では紅葉を楽しめる。
3、奈良倉山から松姫峠までの道のカラマツの黄葉がいい。日差しに輝いて山全体を黄金色に染めている。
4、鶴寝山からの巨樹コースには、ブナ、ミズナラの大木がある。すでに落葉している。春の葉を芽吹きの時もいいのではないかと思う。鶴寝山のすぐ下に樹齢250年といわれるブナがある。保存が決まり、根を踏まれないようにとこれから木道を敷くところだった。
5、紅葉と黄葉を楽しむには大ダワから小菅の湯までがいい。特にモロクボ平からの1100㍍前後で絶好調だ。ここはまだまだ紅葉が十分に楽しめる。 いやあ、ここの紅葉はよかった。期待以上に楽しませてもらったというのが率直な感想だ。
 

この記事をはてなブックマークに追加