東急Express

毎度ご覧いただきありがとうございます。
ごゆっくりご覧ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【11月19日撮影分】都営フェスタ2016 in 三田線

2016-12-09 23:55:55 | 地下鉄
お久しぶりです。
大学4年生の冬休み辺りと言えば、そう卒論です。
もちろん無い学校やゼミもあると聞きますが、私のゼミはあるほうです(笑)
卒論はどこも大変ってのはありますが、著作権であったり内容まで細かくみられるようになったのは近年だとか。
私の卒論は無事に形として完成し、修正箇所の指摘を受け更に磨いていく状況まで進みました。
まだほかに卒業に関しての申請とか諸々ありますが、山場を越えました。

大学の提出物だけではないですが、高校までのように答えが必ずあるってものが無いのが大学。
卒論書いててそれを実感してる日々です(笑)


先月にはなりますが、卒論ナーバスに陥って気分転換に都営フェスタへ行ってまいました。
気分転換も兼ねつつ、ほぼ出番が無く肥やしになりつつあるシグマの新レンズの実力テストも行いました。
新レンズですが、実は春前に導入した「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」となります。
kissX3時代から頑張っていた「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」の挙動もおかしくなり、何より暗い。
70Dに乗り換えてから明らかに性能差が出ていたため、明るさに魅了され友人から買い取りました。
今回の写真は全て新レンズでの撮影になります。
天候は雨、かつ室内もありますので検索で飛んできた方はご参考までに。。



春日駅から臨時の都営フェスタ号という三田線としては珍しい通過運転になる面白い列車があったので、どうせならと乗ってまいりました。

先行電の4分後に出発する臨時列車が表示されていました。
59分の前の列車は5189Fだったので、惹かれつつも辞めたのですがのちに再会することになるとは(笑)


ホームは撮影できる状況ではないほど混雑していたので、雑です。
高島平到着まで終始この表示で、車内放送は三田線の歴史などを流しておりました。


30分もかからず、途中巣鴨駅で停車し無事に高島平駅へ。

アルファベットの表記って半角か全角かで会社によって分かれますが、こういう時は全角のほうがバランスいいですね。

ヘッドマーク付きで運転とのことで撮りたかったのですが、同じように撮れる状況ではなかったのでささっと会場へ向かいます。

30分も経たずに開場となり、物販には興味が無かっため撮影会へ。

先ほど乗ってきた6301F、春日駅で目撃した5189F、前面ゴールド化した6311Fの3編成が展示でした。
6301Fはまだ通電状態で通路側ということもあり、のちに電源が落とされることに(笑)

新型の発表がされており、かつ先代6000形もいたATS時代から居る一次車は置き換え対象となりそうです。


雨が降り始めたため工場内へ。
都心のど真ん中という事もあり、昨年訪れた長津田より小さ目な規模でした。

検査真っ最中の6312F。
新型発表後ですし、前面は換装せず出場でしょうか?


何となく発見したボード。
実はここ志村車両検修場では、他区に当たる浅草・大江戸線の整備も一部担当してるそうです。
どの検修場も都内という事もあり、それぞれで仕事をシェアしながら効率よくやってるとの事です。
新宿線が無いのが気になりますが、都営フェスタが過去に開催されていない事もあり事情があるそうです(笑)


長津田公開や、今年東海道新幹線の鳥飼車両基地の見学でも見かけた空気ばね。
先ほどの6311Fに使用するとの事でした。

いやぁ、素晴らしい…
シグマらしい写真ですなぁ…

雨も止みそろそろ飽きてきたのでお外へ。


保守車両ってちょっと前まではボロボロなのが多いイメージでしたが、各社置き換えが進み新しくなってきました。
東急も十分新しいマルタイを輸入した最新のマルタイに置き換えたりと、順次置き換えてますねぇ。


撮影会へ戻ると、6301Fはパン下げされ近寄れないように規制線が張られていました。

8両を想定し、5・6号車が欠番のまま落成した6300形。
8両にはならずこのまま消えそうですね…

つよい
TY・DTではLCDが17インチ化が進んでいますが、MGは後回し状態。
組み換えなどの変動も無く、5000系列の発展を見届けながら増えた車種ですので末永く活躍してほしいですね。



という形で、最後は5080で締める当ブログらしい締めで(笑)



新レンズの写真のみで今回書きましたが、写りは抜群ですね。
HSM(CanonのUSM相当)と言う事もあり、USMすら非搭載だった先代と比べると差が歴然。
F2.8通しで使えるため、なにより明るい。
レンズ性能上2段階ほど上げたほうがきれいになる場合もあるため極端に明るいとは言えませんが、F値が変動しないのは安心感があります。
欠点としてレンズ口径も大きく本体と同程度の重さになりますが、これ一本でスナップとかもオススメです。
(万能かつ優秀なんで、最近では卒業アルバム撮影にも活躍してます←)

次は手持ちの70-200 F4Lを持ち歩くほどじゃないけど、望遠も標準も軽装備で撮りたいって事で万能ズームを検討してたり。
ただフルサイズにも挑戦したいから、センサーに依存するレンズを増やしてもというジレンマ(笑)
本格的に防湿庫デビューも遠くなさそうです(


今回はこれにて。
では~

押していってね!!
にほんブログ村 鉄道ブログへ  <aにほんブログ村 鉄道ブログ 東急線へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加