こんにちは! 大宮区の日本共産党です。

皆さんと一緒に、はたらく苦労が報われる社会をつくりましょう。

日本共産党さいたま市大宮区委員会

TPP重大局面 審議打ち切り許されぬ 与党 4日衆院通過狙う

2016年11月02日 17時05分54秒 | ニュース

特別委できょう採決 共産党は徹底審議要求

 

写真

(写真)熊本から上京し、TPP批准を阻止しようと声をあげる人たち=1日、首相官邸前

 農業をはじめ食の安全、医療、雇用などあらゆる分野で国民の暮らしを破壊する環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案をめぐって重大局面を迎えています。衆院TPP特別委員会は1日の理事会で、自民、民進両党理事らが合意し、2日午後の委員会で同承認案・関連法案を採決することを決めました。国会周辺では終日、「TPP採決反対」の声が響きました。与党は、4日にも衆院本会議で可決することを狙っています。

 「ようやく審議が深まってきた中で、採決はとんでもない」―。日本共産党の畠山和也議員が1日の衆院TPP特別委理事会で「採決先にありき」の動きに抗議する中、TPP承認案・関連法案について、2日に締めくくり総括質疑を行い、採決することが決められました。

 理事会で与党は「十分な審議をやった」などと述べ、2日の採決を提案。これに対し畠山氏は、売買同時入札(SBS)米の価格偽装問題や、与野党理事が合意した中央公聴会開催すら行われていないことなどを挙げ、十分な審議は行われていないと指摘。国民世論では慎重審議を求める声が多数だと強調し、「国民の声に応えて慎重審議をするべきだ」と主張しました。

 日本共産党の穀田恵二国対委員長は同日、国会内で記者団に、「2日の採決決定に怒りをもって糾弾したい」と述べました。

[原文はこちらへ 2016年11月2日(水) しんぶん赤旗]

<コメント>国民世論では慎重審議を求める声が多数だと強調し、「国民の声に応えて慎重審議をするべきだ」。TPPの全容が、まだ解明されていない。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都、当時の幹部8人懲戒へ ... | トップ | 農水相また暴言 野党が辞任... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事